この男にはコントロール不可

「女房も福島第一もアウト」

森友学園への国有地払い下げ問題の本質は、
政治的圧力で不動産鑑定評価額9億5600万円の国有地が、
1億3400万円で払い下げられ、
さらに埋設物除去費用として、1億3176万円が支払われ、
実質200万ちょっとで国有地が森友所有になったこと。
安倍は国会質疑で、知らぬ存ぜぬを繰り返していますが、
周辺からの証言でウソがどんどんばればれに。

当初、北朝鮮の金正男暗殺事件を、
明白な証拠がないまま毎日々々過剰に報道してきたメディアも、
赤坂飯店での緘口令にも関わらず重い腰を上げせざるを得なくなったよう。
身内の代議士による陳情記録や当の理事長とのもつれもともかく
暴露のきっかけとなったのが名誉校長を名乗った妻の発言。
「主人にお手紙や電話を頂いたり、実際にもお会いいただいたりしていました」とか、
「日本国のために活躍されている安倍晋三内閣総理大臣を、一生懸命支えていらっしゃる昭恵夫人、本当にありがとうございます」
という園児の声に嬉し涙を浮かべ、
「お家に帰って安倍総理にちゃんと伝えます」など、
もう完全に笑える内容。

過去に、「福島第一はアンダーコントロール」
などといっていたこの男、
自分の女房すらコントロールできないのですから、
その先は分かり切っている。
経済成長もダメ、デフレ脱却もダメ、
年金も社会保障も削減で、
ひたすら米国に頭を下げるだけのポチであるだけ。
で、ここへ来てフランスから賄賂を貰って
この国の水資源(愛媛・高知)を売っ払おうとする麻生とともに、
世界情勢からすると用済みとなった感あり。
報道されない底流で動いていているのは、
朝鮮半島における米・中・露の代理戦争かもしれませんが
今治の37億の学校用地の件が新たな火種になり、
当分この国は国際情勢においてきぼり
といえます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA