天皇退位問題とは

「隠し財産の相続問題」

天皇退位に関しては、ここ一年以上にわたって、
ヤレ特別法だ、ヤレ皇室典範改正だとかまびすしいのですが、
皇室典範をみる限り、
「天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、国事に関する行為をみずからすることができないときは、皇室会議の議により、摂政を置く」
とあるのですから、
何もいまさら退位だの、皇嗣だのいうことないはず。
この話、最初から順序がおかしいのは
何か裏があると考えた方がいいわけです。

それで思い起こせるのが、
去年の暮、皇太子妃の父親小和田恒が、
皇室の金をもちだそうとして失敗し、
スイスに軟禁されたというニュース
また、この金に関しては、
確か数年前にも、オーストリアかどこかで、
額面数兆円に及ぶ債券を運んでいた日本人が、
取り調べを受けているというニュースが産経に載ったのですが、
その後続報もなく、立ち消えになってしまった件も思い出されるのです。

(出典:http://blog.livedoor.jp/shiderz402-seikei/archives/8120443.html)

この皇室財産
一説には100兆円ともそれ以上とも言われ、
戦前・戦中にかけてアジア各国から収奪してきた金銀財宝や何やらを、
敗戦前スイス銀行に赤十字名義で預けたものだそうです
「東宮家にまつわるスキャンダルや悪しき噂を挙げれば切がない」
と言われる状況で、退位がこのまま実施されれば、
皇室財産の闇はさらに深くなり
政府は、既に事実関係を知っているはずですが何の対応もなく、
水面下では、
皇室財産に関する悪だくみが進行している気配アリアリと思われます。

(出典:http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1186467150/)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA