祈りで病気は治るのか(心身医学の話としてではなく)

「んなワケ、ねーだろ」

一昨日の日曜日、時々電話をして来る男性からの電話があり、
なかなかしつこい質問の様で、
何でも、ワンネスディクシャの仲間から、
「ステージ4のガンになってしまったので、祈って下さい」
というメールが届いたとのこと。
で、「会長はガンを治せるのか」とのこと。
以前セミナーにも来ているので、
この力がガンに有効なことは分かっているはずで、
何をいまさらと思いましたが、そこは客商売、
事務のものは、
「診断をしてみないとハッキリとは言えない」
と繰り返していました。

(出典:http://joy-healing.jp/event/20160504.html)

大体、メールが来たといっても直接面識があるわけじゃなし、
他人のことを心配する前に、
自分の頭のハエでも追い払った方が良いと事務のもの。
確かに、この方、
問題の立て方が悪かったり、休日にどうでもいい電話をかけたりで、
どこでもかしこでも損をしているタイプ。
で、今回も、なかなかのご挨拶を言ってしまうので、
電話を受けたものも怒ってしまうようです。

(出典:https://jooy.jp/22191)

まぁ、この方と似たような人々が、
ワンネスディクシャという団体に大勢集まっているらしいのですが、
どうもよくこの団体分からない。
「心の豊かな状態ができるだけ簡単に得られる手法」
といわれたり、
「継続的に受けることによって、その人の毎日の生活における意識状態が大きく変化し、苦しみの人生から本当の意味での喜びの人生へと転換していきます」
などと説明されています。
でもそれって、「脳内革命」と同じで、
「意識だけで直すことが難しいと言われている病気が完治する」
ということを言っているだけ。
だっから、
「多くのグルあるいは大多数のグルは偽物である。実際のところ大多数のインド人はワンネスムーブメントが詐欺であることやアンマバガヴァンが金に飢え権力に飢えた詐欺師に過ぎないことを知っています」
などと言われるのです。
この方もそうですが、
インドに行く日本人のほとんどが外国かぶれ
で、お金もなく、知恵もないことは、
二回行ってきた私もよく感じたことです。

(出典:http://honkan.jp/13716/)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA