砂療法のメカニズムとは

「驚きの効果」

昨日の朝起きてみると、
何だか肩と腰がしっかり充実している感じ。
昨日の砂療法のおかげかなと軽く考えていました。
で、事務の者が来てから気がついたのですが、
一昨日より朝の温度が低いにも関わらず、体がポカポカしている。
部屋の窓は起きた時から開けっ放し、
でも手のひらや足があったかいので、
ちょっと触ってもらったらやはり暖かいとのこと。
血液循環が劇的に良くなっているようです。

(出典:http://mydr123.com/%E6%B8%A9%E3%81%8B%E3%81%84%E6%89%8B%E3%81%A8%E5%86%B7%E3%81%9F%E3%81%84%E6%89%8B%E3%80%80%E6%B8%A9%E3%81%8B%E3%81%84%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E5%86%B7%E3%81%9F/)

そういえばこの夏はエアコンで苦労したなーと思いました。
家の中はともかく、よそに行ったり、電車に乗ったりする時は、
できるだけ厚手の靴下と上着を用意したものでした。
車の中でも エアコンは27・8度に設定し、
それでも下半身が冷えたりしていましたので、
こんなにポカポカするのは久方ぶりのこと。
冷え性の人の苦労というのがよくわかりましたが、
おとといの3時間足らずの砂療法でこんなに改善できるとは驚きました。

(出典:http://zi-gen.com/bodily-cold-cause-1476)

砂療法と言うと、
デトックスとか老廃物の排泄という考えしかありませんでしたが、
血液循環がこんなに改善するとは何か別の要素もあるのかもしれません。
まぁ、 末梢の血管や毛細血管に関しては、
血管周囲に血管作動性神経が分布し、
さらに血管内皮や 血管周囲に白血球の遊走に関する各種の因子が知られています。
また、血液循環の原動力は、
実は心臓ではなく、毛細管現象だと西式ではいわれます。
専門家の見解を待たないとはっきりとはいえませんが、
砂療法はエネルギー 体を活性化してこれらのメカニズムに働く
のではないかと考えられます。
肩腰の痛みが楽になったのも、
末梢の循環が改善されたせいなのだと考えられます。

(出典:http://www.daitouryu.com/japanese/gihoutaikei/tech_kokyu03.html)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA