民進党などは早く解体すべき

「不倫だか何だか知らないが」

報道によりますと、
「民進・山尾氏に離党論=「不倫」疑惑報道」
とのことで、
「前原氏は、事実関係を山尾氏に確認した上で判断する考えだ。党内には、ダメージを小さくするためにも「離党はやむを得ない」との声が出ている」
「昨年2月に不倫が発覚した宮崎謙介自民党衆院議員(当時)は辞職に追い込まれており、状況によっては議員辞職に発展する可能性もある」
「共産党の志位和夫委員長は7日の記者会見で、山尾氏の問題について「事実関係を知り得る立場ではない。コメントは控えたい」と述べた」
とのこと。
下ネタも時と場合によるが、
何か緊張感に欠けるという感じ。

人によっては、「山尾志桜里は国家国民のために役立つ
「わしは山尾議員を身近で見てきたが、生前退位の問題でも、共謀罪の問題でも、知識の吸収能力や答弁能力が、他の議員とは圧倒的に違うし、実績も出してきた。
これほどの能力を失うのは、民進党にとっても、国家にとっても、大損失になる」
などという者もいるが、
「山尾氏も倉持氏も、生前退位を可能な限り大御心に沿うかたちにするために、全力を尽くしてくれた」
所詮これもまったく次元の違う問題で、
そもそも万世一系の天皇など真実からは遠いのだからダメ。

(出典:https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/plans-to-abdicate/)

以前も書きましたが、
連合・民進など大企業目線の腐った連中で、
既得権益をどう分けるかばかり考えているだけ。
幹事長ポストを前原が確保し、
枝野と山尾を代表代行に祭り上げる「見せかけの挙党体制」など、
最初から無理な話で、第二自公への筋書き。
それに前原の女房だってとかくの噂
なのですから・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA