東京セミナーの日

「出版・未来・選挙」

昨日は東京セミナーの日でしたが、
11時からの「YES/NO センサティブ」は受講者がなく、
出版関係者との打ち合わせに終始。
「現在完了形の未来」は予定としては3月の出版に。
問題は、広告宣伝ですが、
来年前半は春の半島有事があることと、
2018年の首都直下型地震がいつ起きるかによりかなり流動的。
11月の打ち合わせまでにこれらの時期を視て合わせる必要ありということで合意。

(https://ameblo.jp/rakuouyotimu/entry-12264582778.html)

午後からは受講者が台風で来なかったため、
常連さん4・5人とざっくばらんな話をいろいろ。
その中で気づいたのですが、
よく「人が何を選択するかにより未来はいろいろ変わってくる」
という人がいるのですが、これは間違いだという点。
なぜなら、株価やギャンブルの結果が一義的に分かるということは、
未来は一つであり既に確定していると考えられるからです。
じゃあ、人間に自由意志はないのかと聞かれれば、
人は自由に考え自由に選択しているつもりで、
実は何らかのメカニズムで意思までコントロールされているのではないかということ。
これ、操作された情報の中で商品や候補者を選択していくことと
とてもよく似ていますね。

(https://www.lapsys.co.jp/company/name.html)

帰ってきてテレビの開票速報を見ると自公大勝のニュース。
先日の予想通りの結果で、 副島隆彦氏の予測は大きく外れ。
本人ブログで曰く、
「安倍晋三を、とにかく引き釣り下ろすべきだ、という主観(しゅかん)、願望が先走った。それで予測を外した」
「小沢一郎が、共産党までを巻き込んだ(選挙区割りによる)野党統一戦線を、築き上げそうだ」「私は、小沢戦略の勝利を、応援しなければ済まない立場だ」
とのこと。
でもよく考えると、
「小沢はもう終わりだな」という天の
をうちの事務の者が聴いたのが4・5年前、
もう少しクリーンな政治家が出てこないと駄目だろうということです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA