イヴァンカ帰り、トランプ到着

「植民地の憂鬱」

11月3日からのメディアは、
イヴァンカ来日を逐一報道しまるで追っかけ状態。
ファッションモデルや映画スター並みの扱いに、
海外メディアは批判的だが、
都内では一目見ようと大勢の日本人が押しかけている始末。
で、 この整形美女、
何の目的できたのかと考えると、
57億円をポンと出した安倍のにやけた顔が浮かんでくる。

さらに昨日は、
トランプが横田から入ってきて、
米軍の威力を誇示し、
制空権も制海権もアメリカにあることを強調。
横田が日本を支配していることを改めて見せつけました。
かつてここでは、 プラザ合意の前に竹下がヘリに押し込まれ、
太平洋上に吊り下げられた話は夙に有名。

(http://www.asahi.com/articles/ASKC54GDBKC5UHBI00V.html)

まあ、この後「 北朝鮮憎し」の世論を背景に、
米朝軍事衝突が準備されるのでしょうが、
おそらくそれは米中露の三極体制によって、
今後の我が国の行く末が決まるということを示している。
当事者である蓮池透氏の、
「 日本の独自制裁と言っても鬱憤ばらしをしているようなものに過ぎなくて」
「それでも安倍さんはあらゆる手段でと相変わらず繰り返している」
という指摘が正解。
平和ボケした私たちの眼前にどんな光景が繰り広げられるのか
来年3月までが見所となるのではないかと思います。

(https://www.youtube.com/watch?v=rdD_-H6A-zs)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA