方向性が見えてきた

「未来へ向かうべき」

昨日、来年の当サイエンスのお客は、
男性が圧倒的に多くなるだろうという話をしました。
また、先日の 出版社や広告代理店との打ち合わせの中で、
ターゲットは地方のやや知的な男性というふうに絞られました。
こうした結果を見ると、
来年のセミナーは偶数月が東京、
奇数月が地方都市というふうになってくるのではないかと考えられます。

(http://toyokeizai.net/articles/-/65484?page=4)

じゃあ再来年はどうなるかと言うと、
大阪のセミナーの時に日本人よりは外国人の方が興味を示すだろう、
ということになりました。
一番近い外国は上海市場ですが、
そこでセミナーをやるかと思うとちょっと負担が大きい。
でも、 考えたら、インバウンドをセミナーに引きつければいいとなりました。
上海なりソウルなりの媒体に広告宣伝しておけば、
観光がてら必ず彼らはやってくると思われます。

(http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/special/112500155/?ST=pc)

まあこんな形で「YES/NOセンサティブ 」が広がっていくわけですが、
とにかくこれからは身の安全を考慮した方がいい。
私自身は何箇所かに 住居を分散し、
月一回のセミナーに備える形を取るべきかと思われます。
そうすると往き来が大変になりますが、
2020年には空飛ぶ自動車が 実用化される
ということですので、
未来は案じているより楽になるーーーー。

(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/10/news056.html)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA