こじれにこじれた病態

「子離れできぬ母親とダメ息子」

今日は、5・6年前から時々電話相談をしている千葉のIさんから、
48才になる息子さんの件でご相談が。
今回は夏に家の建て替えをやった時、
ご夫婦はご次男のお宅に 同居されたのですが、
人前に出るのが苦手な息子さんだけアパートに一人暮らしをさせた 。
ところが、家が完成しても、
ウツがひどくて荷物も運べず(自分で運ばないと気が済まないらしい)、
家に戻れずに、
生きるのが苦しいと言って毎日寝込んでいる状態とのこと

(https://antenna.jp/articles/5490822)

で、今回初めて聞いたのですが、
この息子さん若い時から若年性糖尿病を患い、
初めは入院治療を受けたものの、
人間関係がうまくいかなくて自宅療養のみになってしまい、
それでもインシュリンをはじめとした薬は処方されているとのこと。
そのインシュリンも急性期に用いる短時間タイプのもので、
本当は血糖値を見ながら6時間ごとの注射が必要なのに、
ご自分で適当に打っているとのこと。
血糖測定もご自分でやっているのですが不定期であることは否めない。

(http://www.dm-net.co.jp/qa1000_2/2006/05/q6521_1.php)

お母さんの話によると、
食事はあまり取らずお菓子特にチョコレートが多いとのこと。
また、喉が乾くと言って飲むのは清涼飲料水。
一応の診断をやってみたのですが、
上半身のエネルギー状態は低く、
両側の腎に違和感があり、足先にやはり違和感が。
エネルギー的な治療は一応行ったのですが、
現在の状態は放置された糖尿病の末期状態ではないかとお話ししました。
人間関係がうまくいかないというのに加えて、
糖尿病と言う非常にコントロールが難しい病気を抱えているため、
こうしたところまで悪化してしまったのだと思われます。
ここはお母さんが鬼になって客観的な医学的診断を受けるべき
と申し上げたのですが、うまくいくかどうか・・・。
ちなみに、尿検査のペーパーは市販されているとのことなので、
尿糖を計測して300~500ぐらいあったら重症だと認識して下さいとお願いしました。

(http://instagtrends.com/tag/%E5%B0%8F%E5%AD%A63%E5%B9%B4%E7%94%9F)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA