成人の日って何なんだ

「親バカ一色」

報道によると、
成人式の晴れ着や着付けを行う業者が、
計画倒産のような形で行方不明となり「着物難民が続出」とのこと。
しかし、よく考えてみると、
何時から成人式は晴れ着だとかになったのか。
何も晴れ着でなくても平服で出ればいいのではないか。

会津の動物病院の隣が美容室だったので、
毎年成人式の頃はむちゃくちゃな騒ぎになり、
私としてはあまり良い記憶はない。
その季節は毎年大雪であることが普通で、
まず、朝4時台から髪結いの亭主が除雪機をフル稼働する音で目が覚める。
そして、6時7時から親の送り迎えする娘たちが髪や着付けのために来る。
その美容室パーキングが狭すぎて、
親たちは当院の駐車場(消雪装置付き)に無断侵入を繰り返し、
そして、着付けが終わった娘達のために傘をさしかけ、
毛氈まで敷いての狂想曲。

(https://ameblo.jp/moritama99/entry-11449433900.html)

大体、成人の日なんてもっと精神的で内面的であるべきではないのか。
親たちも考えればわかるのですが、
自分たちのDNAを持つ娘たちが何ほどのものかよく見てみるべきです。
そういえば、学習塾の隣のマンションに住んでいた頃、
やはり親達が雨の日などに車で過剰な送り迎え。
親バカが極まればガキが悪くなるのは当たり前
というのが今の日本ですね。
こういう日は、ムラヴィンスキーの「悲愴」でも聴いて一杯やるしかないですね。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA