米朝の行方(1)

「ミサイルは来ない?」

ピョンチャン五輪の開会式が迫っていますが、
南北合同チームができたことなどにより、
一部からは米朝軍事衝突の危険は回避されたなどと言う観測も出ていますが、
昨日の新聞によると、
「首相、ペンス氏に確認へ、米韓合同演習同規模を要請」
などの記事が。また、
「北朝鮮が反発を強め情勢が緊迫化する可能性もある」
「韓国在留邦人の退避を含めて国民の安全に万全を期す」
などとも書かれている。

(https://www.youtube.com/watch?v=czwqNfnz4Lg)

軍産複合体がどうゆう結論を出してくるかによってですが、
今のところは米朝関係が好転したとはとても思えません。
日本など、自衛隊の航空機が海上で北船舶を見張り、
その情報を逐一アメリカにご注進しているわけですので、
主導権は全て軍産複合体に委ねられている。

(http://www.asyura2.com/17/kokusai19/msg/141.html)

副島隆彦氏など、今全力で米朝衝突の時期を計っているよう。
「私は、今は、「米軍の北朝鮮爆撃は○月!」という本を、急いで出す」
「日本のリベラル派、で、読書人階級の人たち」も、
「なに、北朝鮮が、日本に核攻撃することがあり得る、だと。許しがたいことだ。オレは、ひとりででも漁船をチャーターして、北朝鮮に乗り込む」
ということを言わない右翼もインチキと氏は言っているのです。
そこで米朝軍事衝突に際して、
日本国内へのミサイルの着弾はあるのか否か
をYES/NOで見たところNOという結果が。
しかし、重要な問題なので、
明日別の方向からもう一度見てみて判断したいと思います。

(http://fanblogs.jp/oortcloud/archive/445/0)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA