剣道場のポスター

「会津の無念を晴らすには」

昨日は、会津の Y さんからの電話相談で、
前立腺肥大のことと、
あとこの方剣道の道場をやっているのですが、
生徒数が激減してこれをどうしたら増やせるかというご相談。
前立腺肥大は一通りのパワーを送りして、
道場の問題に取り組みました。

SONY DSC

(http://www.t-bunkyo.jp/news/2016/02/post-328.html)

なんでも、少子高齢化で生徒数が激減しているようですが、
今のところ集まっているのは小中学生のみとのこと。
そこで、ターゲットを小中学生・ 成人・高齢者の三つに分けて見てみたところ、
成人はダメだったのですが、高齢者はやや可能性ありとのこと。
で、広告宣伝はどういう風にやっているのか聞いてみると、
街の各所にポスターを貼らせてもらっているとのこと。
問題はそのポスター、10年前に作成したもので、
破れたり古くなったりしてくると張り替えているだけとの話でした。
「これはもう、新しいポスターを作るべき。
ちょうどそちらは戊辰戦争150年の節目にあたり、
各地で様々な取り組みがなされており、新たなポスターもいろいろ作られている」
とお話ししました。
「新しい写真と、新鮮なキャッチコピーを使い、
会津の心を謳うとともに、高齢者教室もあることを訴求してください」
と申し上げました。

ちょうど私も、
2月末から5月20日の大阪までは、セミナーで動き回ることもなくなりそうなので、
これを機会に古代史と織豊政権・徳川幕府、
さらに明治維新までを研究するつもりでおり、
今週から室伏志畔の本を読み始めたところだったのです。
そしてこの本、出だしに次のような言葉が。
「明治維新への道は薩長同盟を転機とする。それに乗り気でなかった西郷隆盛が同盟に踏み切ったのは、長州が南朝革命(北朝の天皇に変え南朝の天皇を即位させること)をもってする秘密を明かしたことにある」
と、明治天皇の入れ替えに言及。
まだ全て目を通したわけではないので概略しか言えませんが、
古代の倭国(九州王朝)が半島系近畿王朝に簒奪され、
戦国末期の動乱が漫画・講談の類に貶められ、
明治維新が薩長とロスチャイルドによる策謀
であったということを証明することこそ5月末までの課題となりそうです。
そうした意味で、 Y さんには、
会津の心を謳いあげるポスターを作ってもらいたいと思っております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA