制作の技量

「実務的経験」

今週は雑誌広告のデータを作っているのですが、
基本的に私がレイアウトを作り、
後は出入りの印刷屋の制作担当者に任せるのですが、
これが今回なかなかうまくいかない。
まず最初に私が作ったものをご覧ください。

次に、印刷会社の制作担当が作ってきたデータを比べると、
明らかにニュアンスが違う。
何と言ったらいいか、6.5頭身が3頭身になってしまっている。
前の担当者はすごくよかったのですが、
今の担当者に代わってからというもの、
なかなか苦労が絶えず、
DMやホームページなどでも悪戦苦闘が続くのです。

先週はHPの簡単なデータだけで3日もかかり、
今週も入校の締め切りがどんどん迫ってくるので、
受付のオペレーター(この子は前からいる)に、
ついつい、
私「今回のO子さんは、以前のM子と比べるとあんまりめごくないだろう、
顔なんか見なくても仕事ぶりで大体わかんだよね。
M子だと1回で済むところが5回ぐらい言わないとわかんない。
やっぱり女の子は、ある程度綺麗で可愛い方が仕事はできるなあ」
受付「アハハ、先生さすがですね」
男は頭が回らないととダメ、女はブスだと大胆さに欠ける
というのがこれまでの実務経験でしょうか。
そのO子のデータを切りはりしたのが以下のデータ。
また明日に延びてしまう・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA