誰が本当のことを言っているか

「自分の身体で判断できる」

毎日インターネットをはじめとした情報を見ていると、
ためになるものもあればそうでないものもあり、
大抵は考えれば判断できるのですが、
中にはYES/NOを使わないとできないものもあります。
ただ、これまでの私の経験で、
身体的に言ってこれは NO というようなのも中にはあるわけです。
例えば、この記事。
タバコは放射能並みに発がん性があるなどと言っていますが、
タバコがYES/NOや念力・透視に影響しないところから、
高畑勲の肺がんをネタにしたこの文は嘘。
副島隆彦の会員なら、
現下の半島情勢と6月に米朝軍事衝突があるという論考をもう少し分析すべき。

次に、 「安倍逮捕、麻生も逮捕、安倍はドバイに亡命する算段をしている」
云々のベンジャミン・フルフォードの言い分。
このビデオの、 3分58秒のところで、
彼が「今は一切放射能がない」などと言っているわけで、
私など福島はおろか、
群馬栃木茨城、宮城山形などにも注意しないと超能力が低下する、
という身体的な理由でこの発言は嘘。
3.11が人工地震であったという件も信憑性は無し。

次は、オウム真理教に関する件で、
東京新聞に載った記事をネタに、
ああでもないこうでもないと言っている掲示板。
前提としてオウム憎しがあるため事実関係の整理や、
刑事訴訟の手続き的問題を飛ばしてしまっている点が致命的。
地下鉄サリン事件では毒物の正当な鑑定がなされていない、
松本サリン事件では刺激臭のあった時間帯が周辺住民と検察とでずれている、
坂本弁護士一家殺害事件では、
犯行に携ったとされる信者たち全てが11月3日が休日であることを忘れていた、
など、非常にずさんな過程が明白なのに誰も問題にしない。
 誤謬やら陰謀論やら掲示板やら、身体的感覚が低下している
のが原因と思われ、
添加物・放射能対策と断食少食等を実践しないとダメなのが良くわかります。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA