今後の政局

「早とちりしないこと」

改ざんに次ぐ改ざん文書の出現や、
言ったの言わないのとかしましい答弁、
記憶にある限りとか、部下を信頼しているとか、
もうこの国のトップはハチャメチャな状態。
で、左翼はしてやったりと思っているようですが、
ことはそう甘くはないのではないか。
YES/NOで今後の政局をうらなうため、
安倍退任・解散総選挙・その他の可能性を見たところ、
1:2:0で解散総選挙の可能性が大。
安倍は最後には昭恵を切ってまた不正選挙か。

国内がこのように混迷しているのは、
実は国際情勢も同様に混迷しているため。
シリアの化学兵器使用をでっち上げたり、
中国に高率関税をかけると言ったりしているトランプも、
果たしてどこまでできるのかわからないし、
イギリス・フランス・ドイツなどの 首脳陣もなかなかまとまらない。
翻って、金正恩とトランプの半島情勢をYES/NOで見ると、
米朝衝突・半島統一・その他の可能性が1:1:1 とバラけてしまう.
決してベンフルの言うような希望的観測は通用しないよう。

(http://www.recordchina.co.jp/b175650-s0-c10.html)

5月・6月までは以上のような状況ですので、
私たちもあまり期待せず、かといって絶望することなく、
経済面をガードしながら身体を鍛えてゆく
のが大事なのではないかと思われます。
早とちりせず、
少し勉強などしながら夏を迎えようではありませんか。

(http://www.kobetsu.co.jp/cafeducation/gakushu/article-302.html)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA