パワハラで辞めたが・・・

「この先どうしていくか」

以前、辞めると言ったら社長がクビになり自分は温存された
という女性の件がありましたが、
昨日はこの方から再度の電話相談。
なんでも、今度は持病の目が悪くてその疲れから事務の仕事が進まず、
結果的にパワハラかもしれないが退職してしまったとのこと。

(https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/worry/check)

で、問題はこの後どうやって暮らしていくかということですが、
食品の屋台などをやるか、それともパートで勤めを探すか、
YES/NOで見てみると圧倒的に務めを探す方が可能性が高い。
しかし、体も弱いし力仕事など出来ないしということで、
3ヶ月ぐらいは失業保険で食いつなぐことができるけれども、
その後のことが問題。
でも、いろいろ話していくうちに、
同級生の男性(3年前に 奥さんに先立たれた)と、
結婚というわけではなく同居するという話もあるのだとのこと。
その可否をYES/NOでみた結果、圧倒的に良いとのこと。

(https://ansinkaigo.jp/knowledge/3525)

こ方63歳なのですが、
同い年で一人暮らしなら男性の方が困っているはず。
細かい点でいろいろ心配はあるのでしょうが、
「YES/NOでいいと出ているのだから問題ない」とやや強引に押し切りました。
だって、こちらの力も占い師や霊能者のレベルではありませんし、
男性も体が弱いということですので、
いっそのこと食生活の改善を共通目標に新生活を始めたら
と申し上げました。
1ヶ月・3ヶ月・1年とたつうちに見違えるようになるはずです。

(https://shichida-life.co.jp/magazine/life0028/)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA