蛙の合唱

「集団稲作文明の記憶」

昨日は天気が悪く朝から雨模様。
午前中はいつも通り家の中で仕事をしていたのですが、
午後買い物に出かけると、
ショッピングセンターに向かう道路の両側からカエルの鳴き声が。
田んぼが広がっている場所が少しありその辺でゲコゲコ・ゲコゲコ。

(http://369sounds.seesaa.net/article/46221427.html)

何か子供の頃の記憶が蘇り、とても懐かしい気がしたのですが、
田んぼに水が入ってまさにこれから田植えの時期なのですね。
そういえば、
女たちの絣の着物や赤い腰巻き、
さらに姉さ被りやもんぺ姿などにも強い郷愁を覚える。
私たちの小さい頃は、
道路も未舗装のところが多く、
馬車や荷車なども行き交っていた記憶があります。

(http://blowinthewind.net/digitalshot/shot70-hanataue.html)

ちょうど今室伏氏の古代史を勉強しているのですが、
中国長江文明からもたらされた我が国の集団稲作文明ですが、
私たちの原記憶がその辺りにあり、
西欧的な価値観のもとでは恥じらいを感じる 、
秘密にしておきたい部分なのですが、
どうしても頭の中から消え去ることはない。
去年の晩秋、ふとした時流れてきた稲藁焼きの匂いなど、
もう心理的に抵抗できないような感じがしました。
記憶については、
視覚~聴覚~嗅覚と古皮質・大脳核に遡ると言われるようですが、
自分自身も集団稲作文明の一員なのだ
ということがよく わかりました。
下の図は、原倭国の九州遠賀川土器が、
弥生初期に全国に分布していたという、九州王朝説の一つの証拠。

(http://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/005aomori_no_inasakudenntou.html)

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA