劣化がドンドン

「ダイエットも運気も病気も」

昨日は、一昨日のやせない男性のことをずっと考えていました。
調味料を聞いた時に、
砂糖は黒糖、塩は岩塩、酢と醤油はわからなかったのですが、
油はオリーブオイルと自慢げに話されていました。
でも、これは「健康に留意している」という建前であり、
本音のところはケーキも食べてしまうのですから、
塩せんべいなどのお菓子ももちろんでしょう。
また、果物もすごいカロリーがあるにもかかわらず、
自然のものなので 食べているのが本当のところでしょう。
それと、 味噌を使わないということでしたが、
これは食生活が(多世代同居のため)かなり洋風化している証拠。
オリーブオイルを中心とした油料理が目に浮かびますね。

そんな目で新聞の記事下の書籍広告を見ると、
「ニューヨークから来た最強ダイエット ゼロトレ、
羽が生えたように軽くなる
寝ながらできてお腹が凹む不調も改善」
などという本が。
外国発+ながらできる+女優が書いた、
と言う売れるための条件をきちんと考慮してサンマークが出版したもの。
目次
0 羽が生えたように軽くなる
1 ゼロポジションに戻ると体になにが起こるか
2 あなたのポジションはどれくらい崩れているか
3 実践!ゼロトレーニング
4 「身長」を一瞬で伸ばすゼロトレ
5 私をゼロに戻していく
を見ても理論的な部分は不明ですが、
日本人はこの程度で結構飛びつくのかもしれません。

そしてさらに目を引いたのが、
「神社の解剖図鑑 神社に隠された神様&ご利益の秘密とは」
というのですが、
「世界に誇る神社の魅力にせまる!鳥居、社殿、門・塀・垣、狛犬、神絞などのカタチの意味から、『古事記』『日本書紀』にまでさかのぼる神様と、そのご利益まで、日本各地の神社の見かたを完全図解」
という内容なので日本古代史の大問題は完全スルーして特に問題意識はない。
著者はこの他に、 「 日本の名城解剖図鑑」とか、
「ピラミッドの建て方」などを書いているので、どうも専門性がなさそう。
大体前にも言いましたが、運気が科学的な研究の対象になるなら、
大学に運命学部運気学科というのがあっていいのに、なぜないのか。
それと、もう一つ目を引いたのがあって、
「病気がどんどんよくなる腸のお掃除のやり方」
というもので、とっくに終わった水素水を売りつけるのが役目のよう。
こうしてみてくるとダイエットにしろ運気にしろ病気にしろ、
テキト―に取り組むだけの国民性が見事に商売の源泉
になっているとしか思えません。
下の写真を投稿しているのもこうした無知な女の一人で、
バカ女の書いたものを受け止めるのもまたバカ女。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA