ちびまるこの作者死亡と風疹の増加

「まさに放射能の影響」

NHK のニュースで、
ちびまる子の原作者がなくなったとのこと。
乳がんでまだ53歳と言う若さなのですが、
よーく調べてみると、
このアニメでお姉ちゃん役の声優をやっていた人も、
おととし51歳でやはり乳がんで亡くなっていたとのこと。
さらに、 アニメのエンディングテーマを歌っていた西城秀樹も、
今年63歳で亡くなったとのこと。

で、その同じニュースの中で、
風疹の急増という報道もされていました。
ついこないだは梅毒の増加もあったような気がしますし、
これらをつなぐ糸は、
すべて放射能による非特異的症状と言えるのではないでしょうか。
首都圏もかなり汚染されてきており、
一人一人が注意しないといけないのですが、
国や行政・メディアの腰は非常に重いと言わざるを得ません。

福島第一は相変わらずもうもうとした水蒸気が上がっているわけですし、
汚染水は結局薄めて垂れ流して海に流し込む、
などとやっているのです。
チェルノブイリの何倍も甘い基準をもとに、
被災地域の住民を帰還させたり、
避難住民の助成金をカットしたりしているこの国、
本当に国民の命を屁とも思っていない
と考えられます。
最低限度自分と家族だけは守らないと・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA