太陽黒点観測所閉鎖

「こりゃ想像力じゃなく妄想力」

昨日まで日本のメディアが かなりうさんくさいという話をしてきましたが、
では、インターネットなら大丈夫なのかと言うと、
時に呆れるようなサイトがあるようです。
つい先日も、
「 太陽黒点観測所閉鎖の真相と軽井沢の巨大地下施設の正体」
と題して云々しているサイトがあったのですが、
有料サイトで中身が見えないものの、
大雑把な要約だけで大体のことはわかるのであげてみますと、

・ニューメキシコの国立太陽黒点観測所閉鎖の背景
この機を利用して主流メディアが「UFO、エイリアン」を煽る理由。それは、本番のUFOショーのリハーサル。

・9月6日、コロナホールからの磁気が当面の最大
北海道で地震が起きた9月6日付近に磁気嵐が最大となった。

・米軍内のUFO調査班はフリーメーソンで構成されている
彼の父親は、米軍のUFOとエイリアン調査班所属。
それは、フリーメーソンでなければならない。

・ペンタゴン(国防総省)の高級軍人はフリーメーソン
軍人がフリーメーソンになったのではなく、フリーメーソンが軍人になった。米軍とはフリーメーソンで動いている。

・NASA計画を立ち上げたのはフリーメーソン
フリーメーソンは、英国の王立協会の創設から、米国NASA計画に至るまで、常に科学界の最前線にいる。

・UFOとノストラダムスはフリーメーソンによる創作
ノストラダムスがフリーメーソンの創作物であることは欧米の常識。だから、ノストラダムスの諸世紀を引用する者は、すべてペテン師の憑依体。

・軽井沢の謎の巨大地下構造物の正体が判明!
それは、終末論によって信者を操っているいるカルト宗教のメディテーション・センター兼シェルター。
という内容。

このうち、太陽黒点観測所の閉鎖という件について、
他のサイトで調べてみると、
「アメリカ・ニューメキシコ州に存在する太陽黒点観測所が、9月6日、FBIによって閉鎖されるというまさに映画のような奇妙な自体が発生して全米が注目しているという。
この天文観測施設はロズウェルから約200km離れたサクラメント山脈に位置しており、1958年に設立され太陽研究の目的のため複数の望遠鏡を搭載している。そんな観測所の職員らが急に建物から全員避難し、政府機関が入った後に施設が閉鎖されるという事態が起きた。
さらにこの施設近くの郵便局など、別の3つの公共施設も同時に一時閉鎖されたようだ。」
ということです。さらに、
「 施設は「予期せぬ状況が発生したために閉鎖された」という。しかし地元の法執行機関すらも、施設で何が起きたのか詳細を掴めておらず、困惑を強めているようだ。
事実、「FBIは何が起こっているか教えてくれなかった」とオテロ郡保安官ベニー・ハウス氏はメディアの取材にこう証言している。
「避難中、観測所に待機したいと要請した人々もいたが、離れざるを得ない理由については誰も詳しく説明できなかったし、されなかった。FBIは迅速に避難対応をしていたが、全ては秘密にされ目的は誰にも告げられなかった。現場にはブラックホークのヘリが着陸し、観測所のアンテナや塔の周りには多くの作業員がいたが、誰も私たちに何も教えてくれなかった」
とされています。
ここから、太陽に何か異変が起こっているのではないか、
太陽が二つに割れるのではないか、
太陽から地球へ危険なフレームが届くのではないか、
などの話に移行しているようです。
でも、これって、本当なら、
自分たちも火星かどこかへ避難するべき話ですよね。

それで、先に引用したサイトも、
「・9月6日、コロナホールからの磁気が当面の最大
北海道で地震が起きた9月6日付近に磁気嵐が最大となった」
と、地震との関連をあげ、
さらに思わせぶりに UFO やフリーメイソンについても書いている。
しかし、私たちの Yes No では UFO などアストラル界のものであるし、
フリーメイソンなどは、
南北戦争の頃にはすでにアメリカ国内に広く存在した組織で、
特にイルミナティと重なり合うわけでもない。
さらに、
「・軽井沢の謎の巨大地下構造物の正体が判明!
それは、終末論によって信者を操っているいるカルト宗教のメディテーション・センター兼シェルター。」
というのもビルゲイツ関係ですでに周知の事実だが、
国際人身売買組織と関連があると考えた方が正確。
こうしてみると、
この国の若者たちの知的劣化が甚だしいことが否応なく目に入ってきます。
インターネットなんかやってないで、
朝早く起きて少しまともな本を読むべきではないか
と考えてしまうのは私だけでしょうか。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA