玉城の今後

「創価が動いた」

昨日沖縄県知事選挙について述べましたが、
どうも私の見立ても誤りとは言えないと感じました。
というのも、今回の選挙のキーポイントとなったのは、
創価学会の4割の票が玉城に流れたというからです。
「前回の衆院選で公明党が沖縄で得た比例票は約10万票あった。4割は4万票。佐喜眞側に行くはずの分を剥がしてきたのだから8万票の効果を生む」
というわけで、数字的にもぴったり合う。
公明党執行部の締め付けにもかかわらず、
現地の創価学会員は言うことを聞かなかったということです。

で、 この創価学会の分裂状態と言うか対立、
何も沖縄で始まったものではなく、
今年の夏頃から八王子を発端として全国に波及、
池田大作派と現執行部原田派がやばい状態になっているというのです。
まあ、 創価学会もかなり大きな組織になったわけで、
それに伴う金の流れ、
統一協会やもろもろのカルト団体との関係が広がったのもオウム以来。
まあ一定程度大きくなればそれは分裂も起こるわけで、
池田大作の安否がはっきりしないのも混乱の元。

いずれにしろ玉城新知事は、
寄合世帯のオール沖縄の上に政策協定なしで乗っかり、
そこに創価学会の票が入っているという状態なのです。
今後の沖縄県政に関しては明確な方向性が出ない、
と考えて良いのではないかと思われます。
最初に引用した田中龍作ジャーナルなどでは、
「 良心の離反者は、集団的自衛権の行使容認(2014年、閣議決定)以後相次ぐようになり、表立って意志表示するようになった。国会前のデモで3色旗を見かけることは珍しくなくなった。沖縄県知事選挙の結果を受けて彼らは勢いづく」
「自公体制の終わりが始まったようだ」
などと総括していますが、
キャスティングボートが二艘できたわけで、
そこに様々なカルトがくっつけば、
今後の日本、
革新勢力にとってはさらに厳しい時代
を迎えそうです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA