低レベルの論説委員

「タダ酒を飲むな」

昨日の地方新聞の社説の下に、
論説編集委員という肩書きで載っていた記事。
「ぬる燗がぴったりの季節になった。
秋の味覚と相まって、ついつい飲みすぎてしまう。
二日酔いのむかつきとズキズキする頭で一応は反省する。
長続きはしないが・・・。」
で始まり、
「 酒を強要したり迷惑をかけたりしない」
「飲酒運転による交通事故や暴行事件などトラブルを起こさない」
「忘年会シーズンも近いので、
モラルを大事に百薬の長・潤滑油としての酒を楽しみたい」
と結んでいる。

こんな馬鹿なことを社説の下に載せる新聞も新聞ですが、
くだらない記事を書く本人も相当。
新聞社のホームページにアクセスすると、
様々な催しでこの男コーディネーターなどを務め、
特に酒屋や飲食店などが多い。
で、 おそらく若い時からタダ酒に親しみ、
お世辞たっぷりの対応に慣れ、
本質的な思考からは程遠い生活を続けてきたはず。
警察の生活安全課などの者や保健所の者なども同じなのですが、
現場の飲食店などにしてみれば、
愛想よく早く帰ってもらうか、
新聞屋ならよく書いてもらいたいのでチヤホヤする。
本人の顔を見てみれば生活歴がよくわかると思うのですが・・・。

70年頃の生まれで、
地元の高校から地元の大学を出、
以後地元の新聞社に勤めて現在50ちょっと前。
人相風体から言って追いはぎかストーカーを連想してしまうのですが、
こいつは酒癖が悪いぞー。
大体、今時二日酔いで頭がズキズキするほど飲むかよ
と思ってしまうのですが、
本人的には結構ストレスがあったりするのかもしれません。
それにしても、こんな下卑たのが作る新聞ですから内容は空疎。
ヒゲとスキンヘッドは信用しないことにしております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA