透析の止め方

「インシュリンもやめなくちゃ」

昨日は、 糖尿病性の腎不全で透析をやっている人の、
3回目の電話相談。
ご本人的にはまだまだということなのですが、
エネルギー的に見るとバランスが取れてきつつあり、
臓器の異常特に左右の腎臓の違和感がなくなって来ている。
違和感があったのは、
左右の耳(これも透析を始めてから悪くなったとのこと)と、
上部気道の問題(これはおそらく放射能によるもの)。
後は両膝から下の足の違和感があり、
これもおそらく透析による 電解質異常がむくみを引き起こしているのでは。

一通りエネルギー治療を終わった後、
もう透析をやめるべきか否かをYES/NOでみてみたところ、
2対0で圧倒的にやめるべきとの結果が。
なにせ、今出されている薬にしても、
透析をやるために飲んでいるものがほとんどということで、
決して根本治療には至らないわけです。
ただ、とにかく体力が弱っているので、
あまりの荒療治はできないし、
どうするかと思案していると、ご本人が、
「ここの病院は何か都合でどこかへ行くなどと言って、
紹介状を書いてもらえばいつでも透析を休める。
みんなそうやって防御してるんです」
とのこと。

それならということで、
火曜・木曜・土曜が透析なので、
週末を考慮して12月の1日は透析をやり、
2・3・4・5と休んでみてはと提案しました。
そして、その後体調を連絡してもらい、
そこでもう一度YES/NOをやってみるということに。
とにかく血糖値や腎機能の数字についての説明は一切なく、
盲運転で2種類のインシュリンを打ち、
透析をやるときはグルコースの点滴をやるとのことなので、
病院側は患者を直すことなど毛頭考えていない状態
典型的な 医原病を起こしている状態ですので、
なんとかうまく持って行きたいのですが、
まあ、 最初は慎重に事を運ぶべきと考えています。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA