東京セミナーを実施

「現代の病気は」

9日の日曜日、東京セミナーを実施いたしました。
今回受講されるのは、
パーキンソン病を患われる女性が、
「パワーインストール」と「イントロダクションtoパーキンソン」、
それと6月頃パワーインストールをお受け になった男性が、
「アップグレード」ということで、
13時からまず伝授を実施。
その後、パワーを入れた携帯を片手に持ったオーリングテストで、
パワーによる電磁波ブロックをやり、見事成功。
さらに、もう一人にはジュースの味変えをやってもらい、
見事成功されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は、 Yes No の実習を行いましたが、
まずは基礎的にコピー用紙に質問をかき、
これにパワーを入れてどちらが高く上がっているかを見て行きます。
初めての方の場合、この感覚に慣れることがまず大事で、
数回やった上で色々な注意点を申し上げました。
まあ、3ヶ月ぐらい毎日毎日やって、
コツをつかむことが大事だと思われます。
そして、そこを超えたら、
次はブラインドで「固定問題」に挑戦してくださいとお願いしました。
例えば、地球の一周は4万 km・ 10万 km と言う二つの答えを、
メモ用紙に書き、これを裏返して茶封筒に入れ、
正解が出るかどうかをやってみるわけです。
そして、練習と同時に、
病気の治療とも共通するのですが、
食品添加物・放射能に注意した食生活を始めてもらいたいと申し上げました。
それと、この方には、
エネルギー的診断において、
「パワーインストール」よりも「 アップグレード」を受けた方が、
手のひらの感覚が敏感になるということで、
その事も体験していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、次にいよいよ、
パーキンソン病を含むタンパク変性性疾患についての話ですが、
この10月に私が福岡伸一氏の本を選んだ経緯からいろいろお話ししました。
とにかく現状では、
肉・乳・卵などを含む食品は非常に危険性があるので、
できれば色々注意していただきたいと申し上げました。
で質問がないかと募ったところ、
ちょうど1型の糖尿病を患う若い女性がいて、
従来の「自己免疫」でも反応が治ったのだが、
インシュリン性のスモールウィルスの感染、
があるかもしれないとお話しし、
2月ぐらいまでにはそこらあたりを解決して、
新たに自己免疫病についてのイントロダクションをリリースする予定、
ということで待っていただくようにしました。
実際、この若い世代、
90年代に感染していて現在ようやく発症した
と考えられるかもしれないのです。
さらにそこへインシュリンからの感染も考えられる非常に危険な状態です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA