大坂なおみは何人?

「Jamerica人」

前々から言っているように、
私はスポーツのことは全く分からないので、
ここのところ連日放映されるテニスの優勝者のことがよくわからない。
何でも新聞では、
父親がハイチの出身で母親が日本人、
それを日本代表とか日本の誉れだとか、
新聞だの NHKだのは非常に国粋主義的に扱っている。
本人のメッセージを聞くと、
どうも日本語より英語の方が得意らしく、
よく読んでみると米国在住歴の方がはるかに長いとのこと。

で、その件について検索してみると出てきました。
「二重国籍の大坂なおみが日本登録で出場する理由とは」
という日刊スポーツの記事です。

大坂なおみは北海道出身の母・環さんとハイチ出身の父フランソワさんとの間に大阪で生まれ、3歳で米国に移住した。二重国籍で、日本語は話す方が苦手。それでも、日本登録で出場し、「日本人」として初の快挙を成し遂げた。
大坂は米国テニス協会のジュニア大会に多く出場しているが、目立った成績は残していない。米国では完全に埋もれた存在だった。大坂一家は米国協会に支援を申し込んだが、大して取り合ってもらえなかったという。しかし大坂が16年全豪で予選を勝ち上がり本戦で3回戦に進むと、米国協会は強烈なアプローチを仕掛けてきた。
日米争奪戦の勃発だった。米国は女子代表監督が自ら乗り出し、多額の支援を約束したと伝えられる。だが大坂の父フランソワさんは、無名の時から娘を支援し続けた日本の恩義を尊重したという。だからこそ、いまでも大坂は日本で登録し続けるのだ。

ということで一応疑問が解消できるのかなと思いましたが、
どうもオリンピックの野球でプロ野球の選手が出てたりするので、
スポーツの世界というのはかなりいい加減なものなのかもしれない。

それに、日清食品などのコマーシャルは、
大坂の肌の色をわざと白くして放送して、
カップヌードルなどの売り上げをあげているよう。
大体においてテニスというスポーツが私には印象が悪い。
なぜかというと、かつての皇太子 =現天皇と正田美智子 =現皇后のことを、
いや応なく思い出させられるからです。
この大坂なおみについてのコメントは、
次のアリの一言氏の言うことが一番まとも。

唯一残念だったのは、中継したNHKアナウンサーが「日本人として初の世界ランク1位」「日本の誇り」などと「日本人」を乱発したことだ。言うまでもなく、大坂選手は「日本」を代表してプレーしているわけではない。お父さんの出身のカリブ海・ハイチでも大坂選手は大の人気者だ。
大坂選手の快挙、大坂選手への拍手に「国籍」はいらない。
大坂選手に限らず、スポーツ選手の活躍にことさら「日本人」をつけナショナリズムを煽るのは、アスリートに対する冒とくだ。もしかしたら安倍首相は「大坂選手に国民栄誉賞を」などといってまたまた人気取りを図ろうとするかもしれない。スポーツの政治利用は許せない。

そして日本人の現在の心性を表しているのが、
2重国籍の一方が韓国や中国だと憎悪し米国だと許容する
アジア蔑視の精神構造。
こんな風だからいつまでも安倍政権がのさばってしまうのです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA