東京セミナーを開催

「古い客は切るべき」

昨日は 2カ月ぶりの東京セミナーを開きました。
受講者は一名だけだったのですが、
パワーインストール~コンプリートまでと、
ウルトラスーパーストリームまで、
幅広い内容だったので結構大変でした。
3:00までの間に、
エネルギー的診断・経絡のコントロール、
体幹部と体軸骨格および局所の調整、
現代医学的アプローチまでを行いました。
特に最後の現代医学的アプローチにおいては、
従来の「ディベロプメント」がパワーによる対症療法だったのに対し、
現在の「イントロダクション」は、
病気に対する根本的なアプローチであることをお話ししました。
「整体をやっている人たちは勉強しないからなかなかついてこれない」
という点が問題で、
今回の受講者も整骨院だったのですが、
「そう言われると頭が痛い」と云いながらも、
日本の医療がめちゃくちゃな点はご理解いただいたようです。

3時以降は病気の背景要因ということで、
霊的マイナス要因、過去世と現世の罪に引き続き、
環境因子(電磁波・化学物質・重金属・活性酸素)、
それに食養生と常在細菌叢についての話。
特に、ウルトラスーパーストリームによって行う、
罪一等を減じてもらう祈願の仕方もやりながら、
日本古代史をベースに天皇制と日本書紀のインチキをお話ししました。
さらに環境因子の中で活性酸素の現在の最大の要因たる、
放射能汚染についても詳しくお話ししました。
列島全体が現在汚染されていること、
特に北関東・首都圏も危なくなっている現状、
さらに東海地方から近畿を経て瀬戸内全域まで広がっていること、
を申し上げました。

で、2時3時ごろから古い顧客がちらほら入ってきて、
一緒に話しをきいていたのですが、
私が日本古代史に関連して、
竹内文書をはじめとするほとんどの古史古伝はインチキ、
宗教というものもすべてインチキ、
と言っているにもかかわらず「日月神示」などの話しをしている。
また宗教の勧誘をしてみたりもしている。
そして日本古代史などはまるっきり関心がなさそうだし、
九州王朝論、東北王朝論などと言っても驚いた様子もなし。
大体首都圏の放射能汚染にも驚かないのですから、
古いスピリチュアルな客とはそろそろおさらば
すべきだと思いました。
ほとんどが病気で現在完了ないし過去完了なのですから・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA