生霊のストップ?

「何故こうも質が悪いのか」

以前、「進歩のない整体師」として取り上げた、
東北地方の整体師さんがまた電話で質問。
今度は「生霊のストップというのはどうやるのだ?」とのこと。
何でも知り合いの人の息子さんが、
18歳ぐらいの子供がいる子連れの女と再婚したのだが、
いろんな問題があって、
このままではもう別れるしかないと悩んでいるということ。
それでこの整体師さんがみたところ、
その連れ子が毎日「死ね、死ね」と繰り返しているようなので、
生霊のストップを行ってその知り合いの家庭を救いたいとのこと。
「また下らないお節介が始まったな」と思いながらも、
事務の者がいろいろ教えていました。
で、電話が終わってから言うには、
「離婚なら離婚でいいと思うんですけど」と。

それで問題はこの整体師さん、
自分の行なうYES/NOが当たっていないということが、
何度言ってもまるっきりわかっていないところが不思議。
汚染米と汚染農作物・汚染魚介類をたらふく食ってちゃ、
精度もヘッタくれもないというのに気にならない。
思いつきで病名をひねり出したり、
遊び半分で霊のせいにしたり、
とにかくとてもまともとは言えないようなことをくりかえして、
自己満足しているだけだということが分かっていない。
あんたの好きな相撲取りたちも、優勝すると福島米1tを与えられて、
翌場所ではみな靱帯・筋断裂を起こしているではないか。
この整体師さんも年齢的にそろそろなので、
ひょっとして○○症かなと思ってしまうくらいです。

それと、本を読んだり勉強したりというのは、
あまり好きではないのかもしれない。
もともと当Scienceに集まってくる人たちは、
結構スピリチュアルな事が好きな人たちが多く、
非科学的なことなども平気で信じている。
以前、セミナーが終わって外が大雨だった時など、
「これは天が放射能を流すために降らせているんだ」
など言う人がいてびっくりしてしまいました。
だって広島のあとの「黒い雨」などは、
標準的な日本人には常識ではないのかと思うのですが。
それと、以前あった話ですが、
放射能による鼻血が姉妹そろってでたとき、
福島の方だったのですが、ゲゲゲの鬼太郎の、
「子泣き爺がとりついているのではないか」
などと本気で言うのです。
東北地方になると最果ての恐山もあることなので、
いまだに祈とう師などというのも幅を利かしており、
非科学的でスピリチャルで土俗的なのが問題
といえるようです。
世界認識どころの話しではなさそう・・・。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA