鎖国体制のメディア

「NHKの御用体質極まれり」

一昨日の夜7:00の NHKニュースには驚きました。
トップニュースがグーグルの量子コンピューター開発で、
従来のコンピューターがやると 10000年かかる計算を、
3分 20秒で計算したとのこと。
しかし、これはまだまだ NHKの云う様な完成段階ではなく、
オックスフォード大学教授で、
量子技術の専門家であるサイモン・ベンジャミンによれば、

量子超越性とは「量子コンピューターを使えば、古典的コンピューターと呼ばれる従来型のコンピューターでは不可能だったことができる」ことだと説明する。つまり、グーグルは量子コンピューターは古典的コンピューターより優れていることを証明しただけで、大騒ぎするほどのことではない。

というくらいのこと。
ここのところ、ラグビーワールドカップとか、
天皇家の時代錯誤な即位宣言とかも終わり、
国民の士気を鼓舞するような出来事がなくなったため、
今度は宗主国のニュースをトップにもってきたが、
残念ながら的が外れていたらしい。

大体、現行の情勢では、
日米貿易協議 =不平等条約の是非が問題だし、
菅原の選挙民買収や秘書による香典持参の件、
そして関西電力のバックMoneyの問題、
さらに郵政による簡保の不正販売もそのままになってしまっている。
メディアはこれらについて全く報道せず、
面白おかしい話題や、災害の件などについて報道しているのみ。
なので、当Scienceのお客でもテレビばかり見ている高齢者は、
ほぼ認知症に近い世界認識しかもっていない。
安倍を忖度してるというよりは、
国民を白痴化することがメディアの役目となっているよう。

それに、世界を見渡してみれば、
ロシアトルコによるクルド問題の解決で、
トランプは米軍をシリアから撤退さしているではないか。
さらに英国の EU離脱の問題も目が離せないし、
ドイツ銀行の行く末だって重要な問題。
何よりかにより、米中摩擦及び日韓関係のこじれによる、
国内の景気後退が顕著ではないのか。
こんな状態がいつまでも続くというのは、
国際金融資本・軍産複合体の危機感が強い
という裏返しなのですが、
私たちも少し神経を張りつめていないと、
10月22日の銀座における過剰警備の反天皇制デモなど、
うっかり見過ごしてしまうことになりかねないと思います。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA