田舎床屋の談義

「たるみ過ぎててNG」

昨日は忙しくてなかなか行けなかった髪切りに、
珍しく午前中に行ってきました。
親子でやっている店で、
田舎には珍しくお母さんの髪切りの腕が確か。
普段は午後ちょっと行って2・30分で終わるので気に入っているのですが、
昨日は午後どうしてもはずせない用事があって、
初めて午前中に行ってきました。
そうしたら、やや混んでいて、
お母さんの方ではなく娘の方にあたってしまいました。

娘といってももう 50位なのですが、
これが話がうるさいのが欠点。
私が獣医であることは話してあるので、
娘「あの、うち小型犬を飼っているんですがどうたらこうたら・・・」
私「おれ今ほかの仕事をやってるんで・・・、
で、他人のペットは限界効用が低い」
娘「えッ、デンカイコウギョウ?」
私「いや、限界効用」
娘「ゲンカイノウギョウ?」
私「いや、近代経済学の言葉なんですが自分で調べて下さいよ」
しばらく髪切りをやったあと、
娘「奥さん綺麗なかたですね」
私「いや、あれ女房じゃないんで・・・」
娘「・・・・・」
またしばらくたって、テレビのサプリメントを見て、
娘「何かサプリメントは飲んでいますか?」
私「いや、何も飲んでないです」
娘「ああいうのってきくんでしょうかねえ?」
私「栄養素って最終的には何に分解されるんですか?
ブドウ糖とアミノ酸と脂肪酸とグリセリンですよね」
娘「・・・・・」
私「で、それらが腸からから吸収されて肝臓へ運ばれ、
そこで自己の DNAにもとづいて再合成されるなり何なりするんですよね。
そうすると、ブルーベリーが目に行く保証はないしサメ軟骨が関節にいくわけでもないですよね。中学校の理科で習ったでしょ」
と、とにかくチグハグ。

周りがどうでもいい百姓ばかりで、
都会から人がはいってくるわけでもなく、
いつもメンバーが同じであるための思考停止状態かと思われます。
それと、お母さんの方は少し気がきくのですが、
この娘の方は同じ家で親子でやっているわけですから、
完全に嫁に行ったわけでもなさそう。
で、最後は、
娘「○○さんは頭良すぎですよね」
私「いや、偏差値は高いけど今話したようなことは中学高校レベルです。
30年前と比べると日本人は文化的なレベルで劣化しているんじゃないですか。
なぜそうなったかといえば、経済成長がマイナスになったから。
あなた方の御商売をとってみても 30年前より客単価が落ちてるでしょ。
アメリカは1.4倍、ドイツフランス1.3倍になってるのに」
娘「いやあ、難しくてよくわかんない」
私「そういうふうにマイナス成長の結果日本人全体が劣化したんです」
娘「日本なんて無くなればいいんですよね、ケムトレイルで」
私「いや、この国は欧米人の実験場ですからそうはならないでしょうね。
それに、ケムトレイルなんてのは陰謀論ですからね、あくまで科学的でなくちゃ」
ということでやっと解放されました。
ど田舎のど真ん中に広がる花畑
というのが当たっているかもしれません。
テレビが 3台あってそれぞれ違う放送をやっているので、
うるさい音と低俗な感じだけが残りました。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA