メディアの大嘘と我々の真実

「真実だけを発信していく」

朝散歩に行こうと思って出たのですが、
途中から雨がパラパラ降ってきたので家にもどり、
このブログを書いております。
出がけに御用新聞をちらっと見た時からむかついていたのですが、
とにかく大みそかまで嘘だらけの体質がむき出し。
「日米貿易協定あす発効 農産物開放 8000億円規模」
ということなのですが、
なんと「食品の値下げが期待できる」などと言って、
食糧安全保障を日本政府が放棄したことや、
米国企業が日本国内で損害を受けた場合の ISD条項などは、
全く報道していない。
植草一秀氏によれば、

臨時国会で承認された日米貿易協定は日米FTAの一部である。
安倍内閣は日米通商交渉が日米FTA交渉ではないと言い張っているがウソだ。
日米通商協議は2018年9月26日に米国ニューヨークで行われたトランプ大統領と安倍首相による日米首脳会談で実施が合意された。
日米共同声明には次のように表記された。
https://www.mofa.go.jp/files/000402972.pdf
3 日米両国は,所要の国内調整を経た後に,日米物品貿易協定 (TAG)について,また,他の重要な分野(サービスを含む)で早期に結果を生じ得るものについても,交渉を開始する。
4 日米両国はまた,上記の協定の議論の完了の後に,他の貿易・投資の事項についても交渉を行うこととする。
安倍首相は、日米交渉はTAGであってFTAでないと言い張ってきたが、TAGは日米FTA交渉の一分野に過ぎない。
TAGは”trade agreement on goods”の略称である。
「日米物品貿易協定」だ。
日米共同声明では、
「日米物品貿易協定(TAG)について,また,他の重要な分野(サービスを含む)で早期に結果を生じ得るものについても,交渉を開始する」
とされており、ここに出てくるのがTAGである。
「他の重要分野(サービスを含む)で早期に結果を生じ得るものについても、交渉を開始する」
とされたが、このなかで
「デジタルの物品貿易及びサービス、越境データ移転」が「物品貿易」と併せて先行的に協議された。
しかし、日米共同声明には、
「上記の協定の議論の完了の後に,他の貿易・投資の事項についても交渉を行う」
と明記された。

ということで完全な主権放棄条約であることは火を見るより明らか。

同じく一面を飾るのは、
「大納会 29年ぶり高値 東証、前年末比 3641円上昇」
などと言ってさも景気がよさそうな印象操作を行い、
2面では、
「日本企業の技術力反映」などと自画自賛しているのですが、
年金資金や郵貯簡保さらに農林中金の資金までも、
無差別に株式市場に投下しているだけの見かけの株価といっていい。
これも植草一秀氏によれば、

30年前の今日、1989年12月29日、日経平均株価は38915円で引けた。
これが日本の株価史上最高値である。
30年が経過した2019年12月27日の日経平均株価終値は23837円。
30年前の株価より4割も低い。
これが日本経済30年間の総決算だ。
1994年の名目GDPを100として、その後の推移を検証すると、米英の名目GDPは250から300の水準に拡大した。
独仏では200の水準に到達している。
ただ日本だけが1994年の水準からほとんど浮上できずにあえいでいる。

ということで我が国の落ち込みはとどまるところを知らず、
勤労者の実質賃金は全く伸びていないので景気が悪いというのが実感。
内部留保をため込んだ大企業ですら先行き不透明なのですから、
99 %を占める中小零細企業にとっては、
一部廃業に追い込まれたりなんだりして、
データ上は倒産を免れているけれども実質的には撤退を余儀なくされている。

この国では国家の統計だのも平気で改竄され、
昨日は歴史教育のインチキさについて言いましたが、
科学技術などについても完ぺきに嘘がまかり通っている。
例えば、年末にホリエモンを登場させての民間のロケット技術、
またハヤブサの小惑星着陸などははやしたてるのですが、
中国の月面の裏側への探査車着陸などについてはほとんど報道せず、
多くの国民がいまだに事実を知らないという異常事態。
さらに軍事技術などになると、
ちっとも命中しないイージスアショアや、
飛ぶ前に落っこちてばかりいる F 35戦闘機など、
アメリカにみつぐだけで役に立たないものばかり買わされている。
また正月から大みそかまで来年も大嘘が続くのでしょうが、
当Scienceはこれらと異なり真実のみを語ることにした。
ちょうど昨日ホームページの更新が完了し、
これまでお話ししてきた内容がすべてアップされた
と思われますので、
また今回「放射能の防御 2019年版」も一翼を担っておりますので、
そうした意味で来年に向い発信できると考えております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA