2020年におこる災害

「東日本大震災級の地震」

数日前に「太平洋側からは避難すべき」という、
YES/NOの結果が当たってきたようだと言いましたが、
その時、
「2020年におこる災害については一応の情報は得られているが、
まだ具体的な日時とエリアがはっきりしないので発表できない」
と申し上げました。
あの時実は、
「MEGA地震予測の村井俊治氏が、(昨年)11月中旬、東日本大震災の約2か月前と同じ兆候が現われたという予測を週刊ポストに発表した」ということで
その信ぴょう性を見ていたのです。
記事によれば、

昨年11月に震災以降初めて、東日本大震災の約2か月前と同じ兆候を確認したとのこと。
2020年は東日本大震災と同規模の地震が起こる可能性があるといいますが、裏付けとなる理由と巨大地震の予測日、予測箇所は?
村井氏が指摘するのは、静岡県の伊豆諸島にある電子基準点「青ヶ島」の上下動の変動幅の大きさだと言います。
・「青ヶ島」で11月10日から16日までの1週間で『81cm』の高低変動を確認。
・10年前の2010年12月26日~31日の1週間に同じ青ヶ島の基準点で観測された『76cm』を超えている。
・少し離れた秋田県の電子基準点でも7cm以上の高低変動を確認している
この動きが大地震の引き金となりうる、というのが村井氏の警鐘理由の一つ。

ということで日本全国が対象になり、
「予測のエリアが広すぎることが欠陥だ」ということで、
あまり信ぴょう性はないだろうと思いながらも、
一応YES/NOをやってみたのです。

まず、「2020年に東日本大震災級の地震が起きるのか否か」
については、二日間にわたりみた結果、
2:0で起きるとのこと。
よく「東京五輪が地震で開催不能になる」などという人がいて、
これについては昨年中に結果が出ており、
「東京五輪は中止になる」が、
「来年にかけて大災害や金融波乱の可能性は高いが、中止の直接的原因にはならない」
という事をご報告しました。
ですので、少なくとも伊豆半島の大地震や、
その結果としておこる関東直下型の地震については予想しておりませんでした。
で、今回の結果と以前の予測が矛盾しているということは、
「2020年におこる東日本大震災級の地震はどこで発生するのか」
というエリアの問題が絡むわけです。
そこで、最初に外国ではこの程度はちょくちょく起きているので、
「この巨大地震が起こるエリアは、
フォッサマグナの東の列島および外国か、
それともフォッサマグナの西の列島かとみてみたところ、
2:0でフォッサマグナの西の列島との結果が。

実は、先週早々おかしな夢を見たことも、
村井氏の予測を問題にする動機となった。
その夢というのは、どこか西日本の地方都市でセミナーをやり、
地元のおばさんの下らぬ人生相談などをやっていて、
帰りに新幹線の駅まで送ってもらったのですが、
駅の構内がどうも配置が分からず、
入り口がどこか探している夢だったのです。
で、女子高生がパラパラと向かって行く方角について行ったのですが、
そこは地元の人でもないとわからぬ小さな入り口。
そして 2階から上の駅舎は形がなくて、
工事用のテントのようなもので一面が覆われ、
入り口の右側の方に制服姿の駅員が 4・5人しゃがんでいるというもの。
それで、「ああ、ここは広島だったな」
などと考えているところで目が覚めたのです。
夢の話しなど宛にもならないというのは普段から自分が言っていることですが、
人は時には予知夢を見ることがある
ということは否定できない事実でもあるわけです。
残った課題は詳しい場所と時期を見ることですが、
村井氏の基準点の大きなずれが昨年十一月に観測され、
それが東日本の 2カ月前と類似しているということですので、
二月初めのニュースレターを出すまでには、
皆さんに詳しい情報をお届けしたいと考えております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA