何が非常事態宣言

「戦前と何一つ変わらない」

昨日、
「今回の新型コロナウイルスに関する専門家会議などというのもインチキで、
731部隊の生き残り連中が安倍と一緒に嘘八百を並べている。
この国では放射能も新型コロナも隠蔽されてしまう 」
と申し上げましたが、
医療ガバナンス研究所理事長・医学博士上昌広氏の話しを聞くと、
そのあたりのことがよくわかります。
ただ問題は、
国会における緊急事態宣言について、
共産党を除く野党陣営がこぞって安倍達の法案に賛成していること。
山尾志桜里が唯一、
緊急事態宣言における民間施設には民間放送なども入るのではないか、
これが NHKとともに国民を洗脳する急先ぽうとなると言っていましたが、
枝野だの玉木だのという連中は、
何のためらいもなく戒厳令まがいの法律に賛成している低たらく。
そして、You tubeでは、
新型コロナウイルスなど怖くないという、
やや焦点のずれた立花孝志の動画は見かけるのですが、
山本太郎の直近の動画がなかなか出てこない。
緊急事態宣言になると言論の自由が極端に抑圧されるわけで、
日本政府はもうその体制に入っているのかもしれない。

大体、ヨーロッパやイランや韓国の感染拡大がすごい、
日本は感染者数が少ないなどと政府は言っているのですが、
基礎的な検査数が日本は最悪。
「3月10日時点で日本が行った新型コロナウイルスの検査数は8286人なのに対して、韓国の検査数は18万人以上、イタリアも5万人以上と桁違いの差がありました。一番多い都市である東京でも2300件程度であり、世界各国と比べて異常に少ない数字となっています」
ということで、
東京オリンピックの開催に向けた明らかな隠ぺいが行われている。
しかし、NHKをはじめとするメディアの洗脳により、
高齢者を中心とした人々は、
この危機的な事態に対する認識が非常に乏しいと言える。
新型コロナウイルスの病原性はともかく、
事態が全くはっきりしない状況で、
経済に対する損害は莫大なものがあるのではないか。
サービス業や飲食、エンタメ、観光、学校、議会、交通など、
ちょっと考えただけでもものすごい状態になっている。

こうした泥沼のような状況に対して、
悲観的な見方の典型は次のような田中宇氏のまとめ。

これらの米英独での予測を総合すると、ワクチンなど予防策が出てこない限り、人類の40-80%が新型ウイルスに感染する。人類の60-20%は感染しないことになる。どんな人が感染しないのか詳述されていないが、大人より免疫力が強い子供たちでないかと推測される。感染しても、80%は無発症か、ごく軽症のまま終わる。無発症や軽症の人からも他人に感染するが、無発症者は体内のウイルスの量が少ないので感染力が非常に弱いと考えられている。感染者のうち残りの20%(人類の12%前後)が中程度から重篤に発症する。中程度以上の発症者の25%、つまり人類の3%前後、感染者の5%前後は入院が必要になり、入院者の10%(人類の0.3%)が死亡すると、米国病院協会 (AHA)の非公式予測の報告書に書いている。致死率は人類の0.3%、感染者全体の0.5%ほどになる。

というのですが、YES/NOで見ると信ぴょう性が薄い。
3%という数字は以前私も取り上げましたが、
田中氏の死者の予測は日本に当てはめると、
360000人と私の予測よりも少し多い。
ただ、これが向こう2年間での死者数であるとすれば、
私の予測とほぼ同じ形になる。
で、私の予測では感染のピークは五月までにきて、
その後は平衡状態かやや収まっていくはず。
今後の推移をみないと確定的なことは言えませんが、
安倍達は狡猾に終息宣言をするも諸外国からボイコット
されてしまうのではないかと考えられます。
ですので、今年前半は新型コロナで日本全体が激震となり、
後半は西日本大地震でまた激震となるとなるようです。
その証拠に、夜中に能登から名古屋を揺るがすM5.4が来たよう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA