西日本大震災の準備

「軽い国民性が災いする」

毎朝起きると最初にネットを見るのですが、
その最後に必ず気象庁の地震情報と、
Hi-net自動処理震源マップというのを閲覧しております。
で、昨日の朝はHi-net上に 500キロ以上の、
深部地震のマークが 5・6個出ており、
大体において琵琶湖のあたりで列島を横断する動きが一つ、
フォッサマグナの西側で二つ、
また北海道南西沖に一つと新潟と会津に一つずつ。
やはり今年の後半の地殻変動は、
四国を中心とした中央構造線上の西日本大震災と思われますが、
そのほか北海道南西沖地震及び那須鳥海火山帯沿いの変動が予想される。
列島の地下では琵琶湖以西で東西を分ける動きが、
すでに開始されつつあるのではないかと思いました。

それで思い出したのですが、
家人に北海道の水を 1年分ストックするようにと言っておいたのですが、
ようやく 8月末にそれが達成されそうということ。
あとストックしなければならないのが、
魚の出しとだし昆布などですが、
十二月の伊方の原発事故以降は、
現在使っている四国の出しや北海道利尻・羅臼産の昆布なども、
すべて海洋汚染のため使えなくなるため、
やや大量に買っておかなければならないのでは。
伊方の事故にまぎれて福島第一なども、
これまで隠れてやっていた海洋放出を堂々とやるだろうし、
そうすると今でも近海物の魚は食べないのですが、
出しも汚染されてくることは必定。
このような形でこの国はどんどん汚染されて行き、
海外からクレームがこない限り隠ぺい体質は変わらない筈。
九州の有名なだしなども超能力に影響を与えるわけで、
あとは東南アジアの魚醤などを使うしかなくなり、
今も少しずつ味に慣れるようにしているところです。

とにかく今の日本人は、
水にしろ食品添加物や農薬化学肥料、
また遺伝子組み換え食品や狂牛病に由来する畜産物の汚染など、
全く気にとめないで食べているのが実体。
当然放射能なども注意しておらず、
いくら私共が注意しても逆恨みされるのがオチ。
ですから、直接お話しする機会があれば、
「御自分とご家族はご自身の手で守ってください」
と申し上げているのですが、
ほとんどの人々はそれらを食べても明日死ぬわけではない、
ということでさほどの注意は払っていないよう。
しかし伊方の事故以後は明らかに異変が出る
と思われますので、
その時になって対処しようとしても絶対無理。
そうなると西日本は、
富裕層から外国へ避難するしかないと思われます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA