Newsを出した

「高齢者に優しく?」

昨日現在の状況をまとめて、
「海外の状況と比べると日本だけが鎖国状態ということであり、
行き場を失った DNAワクチンなどは、遺伝子組み換え食品やラウンドアップ漬けの農産物同様、雪崩を打って我が国を目指してくる」
と述べましたが、
安倍を引き継ぐ菅などはおそらく、
形だけの説明などもなしにこうしたことをやってくると思われる。
私共も新型コロナワクチンの件については、
早急に対応しなければならないのですが、
この辺を高齢者の会員にわかるように説明するのは、
なかなか難しいところです。
先月と先々月は PCR検査や抗体検査を取り上げ、
PCRの開発者キャリー・マリスの話しなどもしたのですが、
ここはゆっくりと認知を図っていくしかない。

新型コロナはフェイクだったなどといきなり言うと、
高齢者はそれだけでひいてしまう可能性もある。
それでややオブラートをかけて出したのが以下の今月のニュース。
表題も「便乗商法や騙しのテクニックに注意」などと工夫を凝らした次第。

一応今月はこの程度にしておいて、
この後 10・11月には遺伝子組み換えワクチンからの防御と、
12月の西日本大震災と伊方の原発事故、
について周知徹底を図らなければならないわけで、
伝えるべきことはかなり膨大なのですが、
日本の高齢者はほとんど危機感を喪失しており、
新聞やTVしか見ない人々が多いので、
なかなか分からせるのは大変だと思われます。
でもウケ狙いで甘い言葉を並べるよりは、
嫌われても真実を述べ続ける方がまし
ということでやっていくしかないと考えるのです。
コロナの後はひょっとして、
本当に手のつけられない耐性菌の反乱、
なども想定されるからです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA