来年の予定

「概略の見通しが立った」

西日本大震災後の仕事の予定を立てるにあたって、
以前みたところでは、
「地震の後の資料請求件数を見てみたのですが、期間を一月から三月に絞ったためか 1500件未満と少なめに出た。セミナーの参加人員が百人単位で 5回以上と出ているので、おそらく二月までは自粛期間で、ひょっとしたらその風潮がコロナもあって三月まで続くかもしれない」
と申しあげました。
で、昨日は期間を一月から四月に広げて資料請求件数を見てみたところ、
1500件以上と出た次第。

結局一月から二月までが動きが極端に悪く、
この間の資料請求を合計で 600件とみておくと、
三月がその反動で 600 件、四月が 400件と見れば妥当かというところ。
私共にしてみれば合計 1500件以上の資料請求があり、
そのうち 25パーセントが受注に結び付くということは、
大体の売上高や何かが予測できることであり、
何よりもオンラインセミナーをどうするかとか、
東京のセミナー会場の手配などにも影響してくるので、
概略のところは年内にまとめておく必要があるわけです。

この 1500件の資料請求ということは、
通常の資料請求率が1.5から3 %と考えると、
DM件数にして 100000件から50000件に匹敵するわけで、
広告宣伝費に換算すると 1000から2000万円ということになり、
かなりのインパクトを当社の営業成績に与える。
必要な資材や器具といっても大したことはないのですが、
十二月中に取りそろえて来年に備えておけば OK。
全部揃ったところでゆっくりと断食でもやり。
来年も力強く開ける年としたい
と考えて居ります。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA