静謐な心境

「少食・断食が基礎」

一昨日は今年最初の 1日断食で、
三食とも玄米スープで過ごしました。
玄米スープと番茶だけで 1日過ごしていると、
腹の中があらわれるのかトイレが頻繁になってしまうが、
特に体力が落ちることもなく過ごせて昨日が結構スッキリ。
現在の日本は味の素のコマーシャルじゃないけど、
おいしく食べて健康に等と言ってることがそもそものまちがい。
食べ物は身体をつくる源ですので、
外食は原則しないこと食品添加物だらけの加工食品はとらないこと、
また農薬化学肥料や遺伝子組み換え食品に注意し、
スローウイルスだらけの乳肉卵に関しても配慮することが必要。
あとは放射能の問題が残り、
これをクリアしないと治らない病気もあるし、
まして超能力で何かをやろうと思ったらこの問題でひっかかったら致命的。
そうした意味で小食・断食を時々やることが必要なのですが、
そう云うと一般的な日本国民はほとんど引いてしまうわけで、
精神文化というものが今程必要とされる時はないのではないか。

昨日は断食の上りなので無理することなくネットなど見ていたが、
相も変わらぬインチキコロナと PCRのオンパレードで、
東京大阪をはじめ再び緊急事態宣言同様の措置をとるらしい。
誰か学会の重鎮とか医師や専門家で有名な人間が、
このバカバカしい状況にメスを入れてくれる人はいないかと思ってしまう。
諸外国では少しずつこうした人々が出ているという話しですが、
わが国ではほとんど見かけないという異常事態。
何を言っても無駄なのですがとりあえず、
新型コロナのワクチン =ワクチンでも何でもない遺伝子組み換え注射、
に対する対策を立てなければならない事態となっている。

あすからしばらく世の中の状況を見て顧客のムードを判断し、
かつ断食後 2・3日はYES/NOの結果が出ないので、
六日か七日ごろ西日本大震災の危険がなくなったのかどうかをみ、
それをもとにニュースレターを書こうと考えております。
そのころには米国大統領選挙についても、
バイデンの失墜が明らかになっているでしょうから、
日本の高齢者も私の言ってきたことを少しは信用するはず。
何せ食生活をはじめとした生活習慣が乱れ、
それをベースとした運動をはじめとした能力も落ちてくると、
精神まで朦朧としてくるのはやむを得ないわけですが、
そこにわが国では放射能の害がほとんどのエリアで影響しているため、
何を言っても馬の耳に念仏。
YES/NOの結果いかんで今後のニュアンスが決まるわけですが、
もの言えば唇寒し秋の風
となるかどうかは今のところ何とも言えない感じです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか