雪よ降れ降れ

「放射能隠せ」

正月に入ってからいろんな出来事が重なり、
今まであまり注意していなかったのですが、
この地方も連日の雪で結構な銀世界が広がっている。
そんななか運動不足を解消するため、
重装備で強制的にウオーキングをやっているのですが、
1時間近く歩くとかなり疲れてくる。
気温がさほど低いわけではないので、
後半は身体がかなり温まってきて汗ばむほどになります。

で気がついたのですが、
このところ環境放射線量がやけに低い日が続いている。
普段0.05~08マイクロシーベルト/hくらいが普通なのですが、
地面が雪と水でカバーされると、
地上からの放射線のはね返りがシャットアウトされるため、
0.03~06くらいの数値になってくる。
冬は動物もカモたちぐらいで他に見掛けるものもなく、
木々も葉を落して枯木となり、
雪が降ったりすると本当に墨絵のような世界になってしまう。

でも唯一の喜びはこの環境放射線量の低下であり、
この位の数値だと超能力も非常にアップし、
株や日経225先物で精度が非常に上がってくることが期待される。
実際ついこないだガンマ線のスパイクが高かった四国なども、
現在は全く平らな線が続いており、
あちらでも雪が降っていることが十分予想される。
三好達治の詩かなんかにあったと思うのですが、
雪の屋根の下でぐっすり眠り、
あれこれ考えないで心休ませる時間も必要なのかも知れません。
これが東京や大阪といった都会のど真ん中にいるとしたら、
外は冬の雨まだやまず帰りたくない
となるような感じもしますが、
わが庵ですとずいぶん心休まるような日々が送れるような気が。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか