いろいろ変化してるのに

「老害の過ぎる国」

一昨日オンラインセミナーが行われ、
参加者は少なかったのですがまず地震予知についての修正を行い、
西日本あるいは少なくとも四国の中央構造線の大地震については、
様々な角度から見ても近々ということを伝えました。
だいたいこの中央構造線、琉球大学の木村政昭名誉教授によると、
従来の想定よりもはるかに巨大で以下のように言われている。
起こるべくして起きる巨大地震であろうと考えられ、
ついこないだも地下500キロの深部地震が起こっているのに、
こないだ手紙をよこした老人などはテレビと新聞しか頭にないので論外。

木村氏の説によれば、日本列島断層は、台湾から派生して、沖縄西部をかすめ、川内原発付近から阿蘇山を経由して、四国北部を通るのは従来説どおりだが、淡路島から、紀の川に向かうラインと別れて北上し、阪神大震災の神戸、高槻地震の淀川・琵琶湖を経由し、福井県内陸から能登半島中部、佐渡島を通って、樺太方面に向かってゆく、地球上でも指折りの(サンアンドレアス断層に匹敵するかもしれない)巨大断層帯であるというのだ。
このラインは、最近では、1995年の阪神大震災、起きたばかりの大阪高槻M6.1、それに1948年の福井内陸地震M7.1などを引き起こしている。
歴史上は、1596年に発生した慶長伏見地震が、ぴったり同じ震源域になっている。1586年の天正地震も明らかに日本列島断層によるものとしか考えられない。これはM8級ともいわれている。
そうして、震源地になった淀川付近や琵琶湖、若狭海岸、東尋坊海岸、能登半島、佐渡島などを見渡すと、琵琶湖は、日本列島断層による巨大な沈降地形が、そのまま湖になっているとも考えられるし、すぐ近くの若狭海岸や東尋坊海岸の大沈降による断崖地形も、この断層の活動に関係あるのは、佐田岬とも同じである。

また米国大統領選挙に関しては、
当Scienceのお客などはだれも関心がなく、
腐りきった日本のマスメディアの情報を、
そのまま受け止めているようなのですが属国植民地の性癖丸出し。
トランプが今回公開したのは、
むちゃくちゃな不正選挙と国際人身売買・幼児性愛・人肉食、
というショッキングな内容なのですが、
日本の消費者はそれと関連する座間 9人殺害事件や、
有名男女優のロッカー首つり死の件などはあまり関心を示さない。

あと新型コロナに関してどのぐらい認識しているのかと思うと、
全く理論的にハチャメチャなのが年金暮らしの高齢者と考えられる。
護送船団方式に守られて高度経済成長からバブルまでを過ごした人々は、
日本政府とか天皇制とかについて何の疑問も持っていないということ。
もちろん今回司教が逮捕されたとされるローマカトリックについても同様で、
イエズス会が日本に来て初めて行ったのは布教であるなどととんちんかんな理解。
この老人たちを相手にどこまで我慢せねばならないのかと思うと、
ちょっと憂鬱になってしまいますが、
少なくとも被爆の問題については春以降少し目が覚めるのでは
と期待するしかないのではと考えております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか