地震の警告

「狼少年にはなりたくないが」

毎月のニュースを出すために書いている ところなのですが、
今回は前回にもまして西の人々は警告を聞かないだろうと思われます。
一応次のように書いたのですが・・・。

次に地震予知に関してですが、YES/NOだけが問題ならば私どもの間違いということもあるのですが、今回はそれに加えて天啓とも言うべき出来事が付随していた。それは去年3月フォッサマグナ西の震源を探しあぐねていた時、夢である地名が出てきた。地図で調べてみるとこれが四国山地の中央構造線の真上たる徳島県美馬市の地番。 そしてその一週間後見知らぬ女性から手紙を貰ったのですが、その住所が美馬郡つるぎ町という件の場所から3㎞ほどの所だった。なんでも数年前から異変が続いており、これは先祖の祟りではないかとのご相談だったのですが、既に四国山地の大地震を把握していた私どもにしてみれば地殻変動の前触れとお答えした次第。美馬市については12月にも天啓があり、1月以降も期間の算定意外予知が外れたと言う気はしなかったのです。そこで1月中旬から何回かにわたってYES/NOを行なった所、「『近々』起こる」という結果が得られた旨ご報告致します。どの程度の被害が出るかはともかく、伊方の事故は想定すべきではないでしょうか。

それで、裏面にもう一度警告を。

《狼少年》になるつもりはないのですが・・・
「質問コーナー」にも書きましたように、西日本大震災or四国大地震については、予知が外れたのでなく期間の取り方がまずかっただけと申し上げられます。 該当エリアの皆様には「近々起こる災害」に引き続き警戒する必要が出てまいりましたが、詳しい時期や被害の程度に関しては、今後個別のご相談にお答えする形で対処させて頂きますのでよろしくお願い致します。

まあ、分かってる人はすべてわかっているしいいのですが、
分からず屋さんはそれなりの運命を辿る
のもやむを得ないと考えております。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか