八十路の高齢者のお相手?

「無惨な感じが残るばかり」

1・2月のニュースに取り上げた大阪の高齢者ですが、
またトンチンカンな手紙を送ってきた。
この人大学教授とかナントカ博士とかの権威が好きで、
その切り抜きを添えて言ってくるのですが、
内容はほとんど見当違い。
コロナを克服しようとしてはいけないとか、
ワクチンはオリンピック開催のためでやらないよりはやったほうがましとか、
分かったようでまるきりわかっていない。
さらに人工ウィルスが武漢で米から中に生物兵器としてばらまかれたとか、
妄想と情報不足が絡み合って独特の陰謀論になっている。

古ぼけた紙の臭いの権威から離れて、
もっと若い世代のブログやツイッター・SNSを見ればいいのに、
何故紙媒体にこだわるのかと言えば自分の頭で考えたくないから。。
かつてのミッドウェイで、
「索敵はやったが敵は見当たらなかった」とのことで、
艦載機の爆弾入れ替え作業中に米の大編隊が来襲して全滅したわけですが、
レーダーもなく目視で索敵をやって誤認した上の全滅という、
無惨な結果同様のことが現代日本の高齢者の慣わしになっているよう。
若い世代に全て委ねて滅びたほうが世のため
なのではないか。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか