地震情報

「いよいよ始まり?」

昨日東海アマブログを見ていたら、
大阪でラドンの観測をしている人からの情報ということで、
3月末からこれまで見たこともない異常な高い値が続き、
現在やや収束しているものの、
平常値たる20~40㏃を遥かに超える100㏃台が続いているとのこと。

半月ほど前から、この値が前代未聞の異常値を示すようになった。
最高値が、かつて一度も記録されたことのない440ベクレルに達するほど濃度が上がったのだ。
――(中略)――
3月29日までは、おおむね40~60ベクレルで推移しているが、3月30日に突如、見たことのないほど高いデータが出始めて、4月6日頃に100ベクレル台に低下した。
平均的な収束値は20ベクレル台なので、三月末の40ベクレル台でも高すぎるが、これが4月初頭には十倍以上に急上昇した。こんなデータは、観測開始以来一度も経験したことがないと高井氏は言う。
ラドンデータは、40ベクレルを超える高い値が続き、20ベクレル台に収束すると、南海トラフ周辺で大きな地震が起きることが多い。今回は、平常値の20倍以上という超異常値で、収束したら何が起きるのか? 私は南海トラフの本番M9クラスが起きるのではないかと予想した。

私共はこれが西日本大震災になると考えているわけですが、
YouTubeで時々見る南海先生という人も様々な情報を出しており、
ここはYES/NOで見てみるしかないと思いやってみたところ、
南海先生2:東海アマ1という結果が。

この南海先生が12日月曜日に近畿地方のM8クラスに注意、
ということで解説していた。
地震の起こり方は以前私共が説明した慶長大地震になぞらえた、
非常に被災規模の大きいものと考えられている。
いよいよ専門家が言及し始めた西日本大震災
ですが、
トカラの陰で和歌山や長野の群発もまた始まったよう。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか