ワクチンの有害性を検証

「人工削減計画始動」

新コロワクチンに関してはこれまで二人の専門家の話を聞いてきましたが,
ドクター崎谷が言うところによると 、
ファイザーのワクチン接種者からはエクソソームや病的細胞成分が放出され、
またアデノウィルスを使ったワクチンでは、
接種後体内でアデノウィルス自体が増殖してしまい、
本人はもちろん周囲にも感染が広がるとのことでした。
次にボッシェ博士の話では、
遺伝子ワクチン接種者の体内でワクチン誘導抗体ができ、
これが本来は非特異的な自然抗体を特異的に変化させるため、
変異ウィルスには全く抵抗できない免疫不全状態となってしまうとのこと。
さらに主にヨーロッパの状況をドイツの Klaテレビでやっていたのですが、
ワクチン接種開始後3か月間で急死や感染の発生が多数あり、
このワクチン血栓などの症状が出やすくこれは若い世代にも多発とのこと。
ちょうどトランプ陣営のフランクで Mike Adams の記事にあったのですが、
ソーク研究所によるとこの原因は、
全てのワクチンに含まれるor、
(m RNA によって組換えられた遺伝子によって作られる )、
スパイクタンパク質が血管疾患を誘発し 、
血栓・脳卒中・心臓 発作・偏頭痛などによる死亡や傷害を引き起こしているとのこと。

今回これら3人の主張の信憑性を Yes No でみた結果、
ボッシェ博士の理論とKlaテレビの報道が信憑性が高いと言う結果に。
結局、ワクチンを打つ前に当サイエンスのパワーで防御した人はともかく、
打ってしまったら最後スパイクタンパクによる急性障害が出るか急死、
あるいは直後に出なくとも数年かけて免疫不全状態になって死んでいく、
という形になる。
まさにディープステートの人口削減計画にぴったり照準が合っている
ということになり、
周囲に強力に伝播することはなさそうなので本人だけの問題なのですが、
本人を救うためには新たなサバイバルのパワーを開発する必要がありそうです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか