和歌山ヒ素カレー事件の余波

「権力に翻弄される庶民」

昨日 インターネットを見ていた事務のものが、
やや驚いた声で和歌山ヒ素カレー事件の家族のことを話していました。
日刊ゲンダイによると、

衝撃的な事件だ。
今月9日、林真須美死刑囚(59)の孫、鶴崎心桜さん(16)が外傷性ショックにより、自宅で変死し、娘の死を知った真須美死刑囚の長女(37)も心桜さんの12歳年下の妹(4)を道連れに無理心中を図り、自殺したことが分かった。
1998年7月、和歌山市園部で起きた「和歌山毒物混入カレー事件」。自治会の夏祭りで、屋台のカレーを食べた67人が急性ヒ素中毒になり、4人が亡くなった。
実行犯とされた真須美死刑囚は現在、再審請求中。保険金詐欺で逮捕された夫の林健治さん(76)は刑期を終えている。
アエラドットが13日、健治さんの話として「つらい。娘と孫をいっぺんに失うなんて、言葉もない」と報じた。

と言うのですが、人間関係が複雑に絡み、
また林真須美が再審を請求した直後の出来事で、
どうもその流れも引っかかる感じがする。

日刊ゲンダイの続きは、

真須美死刑囚の孫の心桜さんが倒れているのが発見されたのは、9日午後2時20分ごろ。長女が消防に「自宅に帰ってきたら、子どもが意識と呼吸がない状態で倒れ、血みたいな黒いものを吐いている」と通報している。
当時、家族が住む和歌山市の集合住宅には長女の夫と心桜さん、4歳の孫がいた。救急隊員が到着すると、長女は取り乱した様子で、救急車には夫だけが乗り込み、病院で心桜さんの死亡が確認された。
約1時間40分後の午後4時ごろ、長女と4歳の孫が関西空港連絡橋から飛び降り、大阪府警が海上に浮かんでいる2人の遺体を発見した。橋の上にはエンジンがかかったままの赤い乗用車が止められていた。
長女の夫は病院に付き添った後、行方が分からなくなり、午後11時10分ごろ、和歌山港近くの路上に座り込んでいるのを通行人が見つけ、119番。夫は「精神的につらいことがあり、カフェインを服用して首をつろうとしたが失敗した」と漏らした。
――(中略)――
「カレー事件後、真須美死刑囚の4人の子どもたちは和歌山県内の児童養護施設に預けられたが、イジメに遭い、脱走することもあったそうです。長女は当時、中学3年で高卒後、大阪で就職し、結婚。21歳の時、心桜さんを出産した。その後、離婚し、数年前に現在の夫と再婚した。4人きょうだいの中でも人一倍責任感が強かったそうです。きょうだいは施設から斡旋されて仕事に就けても、身元がバレるとクビになる。その繰り返しだったそうです」(知人)
真須美死刑囚の長女一家に何があったのか。

という風に締めくくられており、
辛い事件の後に娘と4歳の孫が自殺し、
現在の夫も家庭内暴力で長女を死なせたことを悔やんで自殺を図った、
というふうな一般的な解釈となる。

しかし、今回の再審請求を行った香川県の弁護士によると、
無罪が明らかとなる新たな明確な証拠が見つかったとのことで、
常識的な一家心中のような話はどうも信憑性が薄いのではないか。
関空付近の道路上のエンジンがかかったままの乗用車,
というのもいかにも自殺を示唆させるものであり,
何より真須美が新たに再審請求を出した直後というのは,
いかにもそれを挫折させようとする勢力がいることの証拠ではないか。
うちの事務のものも昨日この長女の死亡について、
あの悪質な上昌弘の話が出ていたことを不審がっていたわけです。
以前も日本の刑事司法がでたらめであることについて言及しました。
「例の、首都圏連続不審死事件について、「木島被告死刑確定へ、最高裁が上告棄却」という記事も。殺害に関する直接的証拠はなく、状況証拠のみで有罪とされるのは、あの和歌山ヒ素カレー事件と同じ構図。いかにも嫌われそうな面相の人間を犯人にしているのですが、しかしYES/NOでみた結果は、2:1で木島被告は犯人ではないという結果に。」
この問題もYes Noで決着をつけるべきだったのですが後手後手になり
どうも後味が悪いのですが、
今回の経過を見てみるとなおさら冤罪である可能性が高くなったと言えるわけです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか