トランプと中共の戦い

「日本分割戦争」

今週の始め日曜日の東京セミナーを行った後の感想を以下のように書きました。

現在の我が国の置かれている状況は、斜陽化の進むアメリカと台頭著しい中国が支配権を争い、またかねてから半島勢と北方ロシアがこれに加わり、最終的にどこがこの国を制圧するのかと言うドラマになっている。折しも新幹線の車内放送で男声の案内の最後に、❝Thank you for your traveling reserve❞、などと言っているのもそういう感じがした一因。今までは「本日はご乗車ありがとうございます」という風に言っていたのが、いつのまにか属国語に変わってしまっている。来るべき分割統治に向かって各国がしのぎを削り始めたかと考えた。

で、帰ってきてからそういう心理がベースにあって、
それと、首都圏での米軍ブラックホークの超低空飛行の件などもあり、
少し神経過敏になっているのかと思いきや、
那覇のγ線量が急激なスパイクを描いており、
これは広東省の台山原発の事故によるもの。
そんなこともあってか昨日 YouTube であるチャンネルを見ていたら、
米軍の事実上の指揮官であるトランプの搭乗した飛行機が、
日本上空に飛んできたのではないかという推測が。
ひょっとしてと思い Yes No をやってみた結果これが大いに信憑性ありと出た。

米国での昨年の大統領選の開票結果の監査も相当進んでおり、
トランプの勝ちを裏付けるデータが明瞭になりつつある状況で、
トランプ自身は8月の大統領復帰をするかどうかは、
国民が決めることだと述べているらしい。
昨日は現在の我が国の状況について、

森友の関係での赤木ファイルが裁判所に証拠採用されたとか、東京都の小池百合子が入院したとかしないとか、一般的には五輪を巡っての二つの勢力の争いのように見えます。しかしながら横田を飛び立った米軍のブラックホークが低空飛行を繰り返し、都心の赤坂とか皇居周辺また都庁周辺あたりまでをカバーし、連日特殊部隊の乗った戦闘用ヘリが巡回しているという異常事態は何か。
赤坂プレスセンターというのは共産党の隠れ蓑だし、その先では上皇の家の荷物の整理がようやく終わりつつあると言われる。こないだも言ったように上皇は、
昨年10月の中曽根の葬儀と称する国葬で葬られたわけだし、このところその他の皇族もどうも露出度が落ちて、一部は東京をすでに離れているという話もちらほら聞こえてきている。
海外ではバチカンもすでに陥落したし英国王室のチャールズまで事情聴取。ダイアナの件にかこつけてはいるものの、やはりこれもペドフィリア摘発の一環ではないか。先週の日曜日の東京の異常な静けさというものは、すでに大陸・半島勢及び米軍との間で一定程度の協議が纏まり新たな日本分割案が進行しているという兆候を考えても良いのでは。

と言いましたが、
どうやら真相はトランプ米軍対中共との戦いになっている
のではないかと思われます。
来週これについてもう少し詳しくお話ししたいと思います。

 

 

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか