日本人の愚民さ加減(1)

「乱心止まらぬ原因はDS漬けの脳にあり」

4・5日前の朝早くけたたましいサイレンの音とともに、
同じ町内の老夫婦二人の家に救急車が来たと思ったら、
その3日後忌中の張り紙が出ていた。
そして昨日は当サイエンスの伝授を受けずにワクチンを受けた老人が、
元々糖尿病の基礎疾患があったのですが、
食欲が落ちてだるくて動けず時々吐血しているとの電話が。
いよいよ私たちが予測していた事態が現実のものとなりつつある、
と思ったのですが下のツイートを見ると、
なんだかとんでもない事態になっており90%の老人が打っちゃった、
と言うことで イギリスやアメリカを抜いてしまったとのこと。
64歳未満の層でも50%になんなんとするこの異常事態、
日本人はつくづくどうにもならない民族となったわけですが、
これを一言で表すといろんな言い方があるが「愚民」が最適と思いました。

ところで先月のニュースで大阪の八十歳の老人の質問を取り上げ、

典型的な一般老人


以下のような私の回答を乗せたところ、
それに対してさすがに怒りの手紙をよこしたのですが、
それらを下に貼り付けます。



この老人がお気に入りの3人の食養家がどんな人間かはかつて見たのですが、
その中でも特にお気に入りの石原新菜という医師がどうかと見ると、
以下のようにまとめられる。

当方は理論的な事を申し上げているのであり、肩書や権威をどうこう考えてはおりません。と申しますのも、石原新菜氏のコロナの位置づけを見ると、明らかに「ウィルス」と捉えられその対策としては正しい食養生と言うのですが、今月のニュースに書いたように今回の騒ぎはメディアの煽ったインフォデミックから始まったのですから、その時点ではコロナなど実体のないorあったとしても風邪のウィルス程度という認識が欠けている。また遺伝子ワクチン以降は明らかに人工的なmRNAを用いた生物兵器戦争であり、今後多くの死者・重傷者が見込まれますが原因は自然免疫の抑制によるもの。免疫力を高めることもできないという事態を全く心配もせず、能天気にワクチンに勤しむ医師などは駆逐すべき存在であり、また3.11後の低線量被爆に考え及ばない点も最悪なのです。これは食養家全般に当てはまるようで、世界最悪の食品添加物なども許容する姿勢につながるわけです。

この八十歳の老人医師というよりはタレントと言っても良いような、
ハーフのエキゾチックな容貌に惚れてしまったというのが当たってる。
理論的なことは全くなしにテレビ番組の出演歴のみ、
が強調されていることからわかるように、
老人たちを手玉に取るやり方はキャバ嬢のようではないか。

父親の石原結實というのはまあまあきちんとしており、
減塩をたしなめる姿勢などは非常に評価できたのですが、
3.11以降の我が国の汚染状況では、
その塩にも放射能がいっぱいになってしまったのであり、
要するに東日本大震災とコロナショック・遺伝子ワクチン以降は、
過去完了形になってしまったと考えられるわけです。
だって昨日までの本ブログを読んでいただいた皆さんはお分かりですが、
現在の遺伝子ワクチン=生物兵器の最終的な危険性は、
自然免疫を低下させこれが低下した後は元に戻らないのですから、
この人々のアプローチでは何とも焦点がぼやけてしまうということになる。
それと別の人から聞いたのですが、
この石原結實というのは元々みのもんたの番組などに出て、
非常に有名になったらしい。
ということはこの大阪の老人は只のテレビ好きの年寄りで、
ほとんどの知識がテレビとか新聞からしか得られていないわけです。
だからこそ下の山中伸弥のような犯罪的な人間の言うこと、
また〇〇大学教授とか ○○博士とかの権威に弱く、
既成の権威=ディープステートの話しか聞く耳を持たないことになる。
いさめても諫めても乱心止まらぬ原因はDS漬けの脳にあり
という単純なことだったと考えたほうが良いのでは。
それと「忖度」って言葉など、
森友以来意味が変わったというのが分からないわけで、
「ガースー」が分からないのも居ましたが老人の時代は終わりって事。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか