日本人の愚民さ加減(2)

「たんたん狸の老狸以下」

朝いつものようにネットをチェックしていると、
情報速報ドットコムにとんでもない記事が。
コロナショック前までは中道左派寄りのまともなサイトだったのが、
なんだかとんでもないファシスティックな内容になっている。
「反ワクチン動画、YouTube削除後にニコニコ動画で拡散!制限緩く回避地扱い  まるで無法地帯」
という記事では YouTube の検閲を堂々と肯定するような以下のような内容が。
大橋眞教授の YouTube などニコ動へ移らざるをえなかったのですが、
その画面にプロの工作員と思われるような、
えげつない書き込みがいっぱいでとても見ることができない。
そんな現状を何とも思わない神経というのは完全に狂っていると思われる。

大手動画サイト「YouTube(ユーチューブ)」が反ワクチン関連の動画削除を強めたことから、ニコニコ動画に反ワクチン系の動画が流れていることが分かりました。
ニコニコ動画はYouTubeと比べて規制が緩く、かなり過激な内容じゃなければ削除されることはほぼ無いのが現状です。
そこでYouTubeを追い出された反ワクチン系の動画が次々に移動している状態で、ニコニコ動画における反ワクチン系の動画本数が増加しています。
ネット上ではこの状況に「まるで無法地帯」「制限を設けるべきだ」「何故放置しているのか」というような批判の声から、「ニコニコらしい」「いろいろな意見が見れるのは良いと思う」などと賛同意見まで賛否両論となっていました。
海外だとYouTube以外でも徐々に反ワクチンの締め付けが強まっているだけに、ニコニコ動画がこのまま現状維持をするかどうかに注目が集まっています。

ロシアのプーチンだって YouTube の検閲を問題視しているのに、
この国は共産圏以下の言論統制国家になってしまったわけです。

次の「 新型コロナの急激な収束、専門家も理由分からず!岩田健太郎医師「政府対策が同じなのに急減少は想定外」
という記事では、
PCR 検査の基本的な位置づけができていないし、
それを使って偽陽性者数をふくらませたり凹ませたりする操作が、
見抜けていないというか全く分かっていない。
昨日取り上げた老人も私が指摘した様々なうろ覚えに対して、
そんなことは指摘されるまでもなく知っていると以下に書いているのですが、
テレビなどじゃ本質的なことは一切分からないということが理解できない。

それが典型的に現れるのが放射能に対する理解であり、
ついこないだまではこの老人、
「放射能など騒ぐに足りない、5 G の方が遥かに怖い」
などと言っていたので私としてはわざわざ下の図で解説したのですが、
どうも八十歳の頭脳にはちょっと理解できないことだったかもしれない。

低線量被ばくについては日本人のほとんどが分かっていないのですが、
実際は非常に怖いものであることは東海アマの以下の記事に詳しい。
「アルファー線は、たった一個が細胞内を照射しただけで癌を発生させる」
そして我が国における低線量被曝は、
2017年以降 出っぱなしの福島第一の2号機の放射能が、
地上からあるいは河川湖沼や海の水が空中へ舞い上がり、
それが雨や雪として地上に降りてくるところから、
全国各地で環境放射線量が一気に上昇し始めたわけですので、
呼吸や飲食から入ってくるのが大部分となった。
この老人のように大阪にいれば福島からは遠いから問題ない、
などという考えは到底成り立たなくなったわけです。
それに日本政府の隠蔽工作は半端ではなく、
以前会津の実家に帰った時みた新聞の記事に、
福島県内の食材100%で作った料理のベクレルが不検出であった、
などと書かれていたのですがこんなのは逆にインチキを想像させる。
これも東海アマの記事ですが、
「非破壊型放射能測定器?」というものが最近出回っているそうで、
これで計ると福島県内などすべて検出限界値以下となってしまうそうです。
大阪の高線量などいくら私たちが言っても、
自ら計測するための道具などに金は使わないわけですから、
またネットに表示されている全国各地のリアルタイムのガンマ線量、
なども見ていないので、
要するに目に映らないものはないというふうに考えているようです。
しかし明らかにこの老人の体に腫瘍ができている、
ということが現実を証明しているわけで、
それも2015年頃からというのですから明らかに福島第一の影響なのです。
それもできた場所が悪くあいにく股間のブラブラしたものなので、
ここ数年は正座するのも難儀になってきているとのこと。
この老人テレビ漬けであることは昨日申し上げましたが、
諸般の状況から考えると、
今やたんたん狸の老狸以下の存在に成り下がっている
のではないでしょうか。
天皇制国家と NHK の言うことだけが正しくて、
その他のこと例えば海外の情報に目がいかないということも大きな欠陥で、
トランプやペドフィリアの話などは、
すべて見猿聞か猿言わ猿状態となっているわけです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか