ベンフルが戻ってきた

「予想通りの展開」

今週のはじめに見つからなかったベンフルの記事が、
昨日ようやく見つかってカバールマフィアはもう終わりとのこと。

アングロサクソンの5つの目のグループによる正式な宣戦布告が、ナチスの第四帝国として知られるカザリアンマフィアに対して行われました。
エリザベス2世から送られてきた宣戦布告をご紹介します。
「私たちは、公衆衛生上の緊急事態について、世界中から繰り返し連絡を受けています。その中には、ジェノサイド(大量虐殺)を含む非常に重大な人道に対する罪を示唆するものもありました。
最初に警戒したとき、私たちは遠くから見守り始めました。そして、すべての防諜活動が真実であり、実際に、世界のすべての民間政府が軍法の下で大反逆罪を犯していることを発見したのです。
大量殺人が起きている、起きているという現実の行動可能な真実から逃れることはできない…我々は軍事法と戒厳令によって、この声明を発表しなければならない」。
陛下がもういないという噂について、MI6は次のようにコメントしています。「死のうが生きようが、遺産は生き続ける。もういいだろう」。
複数の情報源によると、宣戦布告を受けたハザリアンマフィアのエリートは、スイスのレマン湖とカリフォルニアのパロアルト周辺のバンカーに退避しました。スイスのグループは、自分たちが所有する中央銀行が発行する不換紙幣をコントロールしています。パロアルトのグループは、大手インターネット企業をコントロールして、世界の人々に偽りの現実を伝えています。この2つのセンターは、バンカーを破壊する核兵器で狙われることになるだろうと、ペンタゴンの情報筋は約束している。
一方、KM社は、モサドによって、法王フランシスコ、大統領 “Fuck “ジョー・バイデン、中国大統領習近平、売国奴将軍マーク・ミリーなどの人々が、あたかもまだ私たちと一緒にいて、まだ支配しているかのように見せるために、グリーンスクリーン・コンピュータ・グラフィックスを使用していることが暴露されています。

先頃話題になったカリフォルニア州知事のギャビン・ニューサムとか、
いつもの「有名人」がほとんど全員欠席していたアカデミー賞、
また日本・中国でも以下のようなドラマが展開されているとのこと。

日本では、ロスチャイルドのエージェントである麻生太郎とその取り巻き全員が、権力と金融の支配から排除されました。ワクチン接種を推進してきた東京都の小池百合子知事も、11月2日以降、公の場に姿を見せていない。他にも多くの政治家、暴力団、日本の支配者、金融関係者などが姿を消しています。
中国でも一種の粛清が行われている。中国共産党が100周年記念文書を発表した際、毛沢東主席は7回、習近平は17回言及され、鄧小平は5回しか言及されなかった。鄧小平の背後にある勢力が行動を起こしていることは間違いないでしょう。
中国の権力闘争の詳細はわからないが、この1週間で10回も大きな爆発があったことに注目したい。

穏やかな晩秋の日差しの中で、
皆様も来年を目指していろいろ整理整頓をしていただきたい
と思っておりますが、
それにしてもインフルのワクチンなどやってしまうバカどもは、
もうどうにもならず手遅れな連中と言えるでしょう。

 

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか