オミクロンと地震

「YES/NOで視てみたら」

いわゆるオミクロンについてですが、
もともと中国当局によって登録された新型コロナのゲノムは、
その数ヶ月後に削除されてしまったわけですから変異そのものが考えにくい。
そして遺伝子ワクチンというのは、
mRNA をシュードウリジンで修飾した人工ウイルスであり、
そう考えてくるとオミクロンというのは、
コロナ属の単なる風邪のウィルスということになるわけです。
ドクター・ヒロによれば、https://ameblo.jp/nomadodiet/
「現在、オミクロンと騒いでいるのは、今まで遺伝子解析で検出できなかった変異型が検出できるようになっただけではないか」との事。
変異の疫学的な法則によりこれは感染力は強いが毒性は弱いということで、
この点に関してはインチキメディアの言うことも信憑性が高いと考えられる。

ではなぜワクチン接種が先行した欧米でこんなに騒がれているのか、
を考えてみるとその理由は、以下の三つが考えられる。
1.ADE =抗体依存性感染増強が起こっている
2.免疫力が低下してきている
3.ワクチンの毒性が顕在化してきた
で、この三つのうちどれが信憑性が高いのかを Yes No で視てみたところ、
答えは ADE が起こっているとのこと。
過去の典型的な ADEであるフィリピンにおけるデング熱について、
重症化例や死亡例を見てみると数パーセント程度なので、
これは下のグラフによく現れていると解釈されます。

ところで次は 日本政府がなぜこの時期に巨大地震の警告をするのか、
という問題。

最悪19万9000人死亡 日本海溝・千島海溝地震被害想定 政府
二つの巨大地震について、内閣府は21日、被害想定を発表した。
日本海溝地震
死者約19万9000人
全壊約22万棟
経済的被害額約31兆3000億円
千島海溝地震
死者約10万人
全壊約8万4000棟
経済的被害額約16兆7000億円

大きく分けて二つのコメントがあった。

1. 地震煽りと緊急事態条項がセット、危険を煽って通そうとしてる
2.今までコツコツと仕込みしてた作戦みたいだけど、
失敗しちゃえって声を大にして言うよ

ただ現時点までに得られた Yes No の結果によると、
西日本大震災は23年以降となるらしく、
では22年にM8クラスが起きないかというと、可能性が高いと出ている。
それも政府の言っているのが北海道あるいは東北に関連すると思われるので、
この何日か指摘してきた列島各地、
特に北海道のガンマ線の上昇が関係するのかも。
詳しいことは正月明けにしようと思っていますが、
来年からはこうした地殻変動もしくは人工地震なども視野に入れる
ことが必要になってくると思われます。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか