2022年の展望

「この国・この世界の再定義(1)」

年末に、
「 欧州の旧体制勢は“新型ウイルス”に乗じてEUに絶対主義支配を敷き、自分たちの生き残りを図ろうとしているが、彼らが戦犯裁判の対象になるのは、もう時間の問題である」、
というベンジャミンフルフォードの記事を引用しました。
1月のニュースではこれらの状況を説明するため、
「コロナとワクチン後の世界」という表題で書くつもりですが、
我が社のお客特に高齢者とすでにワクチンを打ってしまった人々が、
読んでくれるかどうかは何とも言えないところです。
それで来年やるべきことの第一は、
レジェンダリーの DNA版とマタニティ版を作ること。
DNA に関しては以下のような報告が既に寄せられている。

恐怖の恐ろしさが起こった。注射されたRNAワクチンによって産生されるスパイクタンパク質は、生きている細胞の核に見られ、ヒトの免疫応答を弱め、免疫を損なう可能性がある。
地球上の40億人以上のCovid-10ワクチン接種を受けた人々は、スパイクタンパク質が細胞の水色の細胞質に入ることをプログラムするCovid-19 RNAワクチンが「細胞の核内で局所化する」ことが判明し、DNA修復を阻害し、ヒトの適応免疫応答を妨げているというニュースに基づいて、今日赤ワイン分子レスベラトロールを探す方が良いでしょう。
この時点で問題を逆転させる唯一の方法は、レスベラトロールを消費することです, 赤ワイン分子, 逆転写酵素に対抗するために文書化されています, 生きている細胞の核遺伝的中心へのスパイクタンパク質の侵入を容易にする酵素.
この遺伝的な大惨事は、ジャーナルウイルスの最近の問題で報告されています.

カナダの産婦人科医からの報告では以下のように述べられている。

COVID-19に罹患している患者にイベルメクチンを投与したために追放されたカナダの医師は、mRNA COVIDワクチンは子供のDNAを永久に変更することによって永久にスパイクタンパク質を作成し続けることができると警告しました。子供たちは特に成人よりも高いレベルの逆転写酵素を持っているので、DNA改変を起こしやすいとダニエル・ナガセ博士は言った。

また「マタニティ」に関する記事は以下のようなものが出ている。

ワクチンは本質的に胎盤形成に不可欠なたんぱく質のシンシチン‐1を攻撃する抗体を作り出します。つまり赤ちゃんを産もうとしている(子供が欲しいと思っている)女性はワクチンを避けるべきであるということです。
マイク・イェードン氏とウォルギャング・ウォダーグ博士は、12月に提出したCovidワクチンの停止を求める請願書の第11項にてワクチンはシンシチン‐1(胎盤形成に不可欠なたんぱく質)に対する抗体を誘発する恐れがあると警告を発していました。
シンガポールの研究論文の著者らは、このような警告を払拭するために彼等独自の研究を開始しました。ブライアン・モウリー氏は検査システムとシンガポールの研究論文で著者らが払しょくしようとしている恐怖は妥当な感覚であることを示す巨大警告であると説明する記事(2021年6月23日付け)を書きました。
我々はこれらのワクチンが生殖器にどのように影響するかについては殆どわかっておらず、これらのワクチンは赤ちゃんを産もうとしている人たちには推奨できない厄介なものであるということがわかります。

要するに今後の世界では、
ワクチン接種をした人間たちを隔離しないとホモサピエンスの血統が絶たれる、
という事態がやってくるわけです。
まさに米国映画によく登場するゾンビやウォーキングデッドの世界が現実化する
と考えねばならず、
未接種者の正常な心身を防御するためには上記の件至急勉強の必要あり、
ということになりそうです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか