介護現場の現状

「生き残りが問題に」

もう2年ぐらい前になりますが、
当サイエンスでも「コロナ撃退勾玉」という商品を出したことがあり、
今回ある介護施設運営者からもう一度出してくれないか、
という依頼が昨日ありました。
「患者さんが安心するというので」と言われたようですが,
究極の安心はマスコミから離れ自分の頭でこの原因を考え、
生き方を変えないと無理なわけですからそうした商品は出せるはずもない。
結局ワクチンと称する毒物注射が3回目を迎える中で、
倒れる人間がバタバタバタバタ増えているということの証明。
インチキ業者ですとこうした状況は小金儲けの絶好の機会なのですが、
結局生き延びられないことがはっきりしてきたわけで、
私たちにとっては従来通りマスコミの嘘を断ち切り現代医学から離れて、
本来の形を取り戻さないと不可と教えてやるしか方法がない。

「レジェンダリーの DNA 出血熱寄生虫」まで到達した人々も、
イベルメクチンの件で第三者を説得しようとしても、
「そんなものがいるわけがない」ということで拒否されたとのこと。
まあここまで来ると信じるか信じないかはあなた次第、
と言う都市伝説のようにもなってしまうのですが、
昨日もお話ししたように状況証拠は限りなく私たちを支持している。
そうした意味ではビルゲイツたちは天才というしかないのですが、
そうした嘘を嘘だと開示してくれる天界というのもまた偉大。
私たちに残された手立ては、
毒物注射を売ってしまった8000万人はともかく、
残り4千万のうちシェディング被害にあわずに生き延びた日本人をピュアに保つための手立て
を考えることぐらいしかないのではないかと思われます。
天界はすでに様々な意味で選別を始めているのではないかと言うことです。

PROTOサイエンスから、あなたへ

株・先物・ギャンブルで実証された「予知能力」について知り、
治癒・好転に導く「驚異のパワー」を体感してみませんか